毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

釣り具の盗難にご注意!!

釣り具の盗難にご注意!!

つり人編集部=写真と文

釣り具の盗難が相次いでいるようだ。

手口としては
いわゆる車上ドロである。

なぜ、釣り人の車がねらわれるのかというと
中古釣り具店やインターネットで転売できるからだそう。
不景気ゆえ、こうした犯罪が増えるのだろう。

釣り人の車というのは
そもそも、釣り場の近くに止まっているため
分かりやすい。
しかも、それと分かるステッカーが貼ってある場合も多い。

釣り人が車上ドロの被害に遭うケースは
なにも今に始まったわけではない。

これまでに最も車上ドロの標的になってきたのは
アユ釣りだろう。

夏、有名河川の河川敷には
釣り人の車が何十、何百台と止まっているのだから。
しかも、車内には
1本数十万円の予備ザオが眠っている可能性がある。
車上ドロには、まさに鴨がネギを背負ってきたと見えるに違いない。

以前、車上ドロが横行していた
福井県の某人気河川にアユ釣りに行った。
地元のベテランに案内していただいたのだが、
車を止める際にアドバイスを受けた。

「車上ドロが多いから貴重品は持って出てください」

と、ここまでなら分かる。

「貴重品が車内にないなら、窓を全開にしてください」

「…」

見える所に貴重品がなくても
窓ガラスを割られてしまうことがあるそうなのだ。
窓を全開にしていれば
探られることはあっても
窓ガラスを割られることはないというわけ。

以来、危険地帯へ釣りに行く場合には
この手を使っている。

全国の釣りファンの皆様
くれぐれも車上ドロに御注意を。

(山根)



2009/12/20

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中