毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

バチ抜けの正体

バチ抜けの正体

つり人編集部=写真と文

多摩川や江戸川、荒川といった都市河川では今、
ゴカイたちの最後の晩餐「バチ抜け」が行なわれている。

バチ抜けが始まると
流域に棲む魚は
狂ったようにバチを食べる。

これをバチ抜けパターンなどといい
シーバスやコイが有名だ。

バチ抜けとは
そもそも繁殖活動である。
普段は泥底に潜んでいるイトメやゴカイなどの多毛類が
産卵のため、水面に浮上するのである。

元来、バチ抜けのバチとはイトメのことをいったが
イトメのバチ抜けは11月の大潮回りの
期間限定である。

シーバスのバチ抜けといったら
関東では冬よりも春のイメージがある。
その頃のバチ抜けの正体は
イトメではなくゴカイなのだ。

ゴカイは釣りエサの代表格で
誰もが知っていることと思うが
実に多くの種類がある。
汽水域に生息する種としては、
ヤマトカワゴカイがもっとも一般的。
そのほか、ヤマトカワゴカイよりも小型種で
クルクルと海面で円を描くように泳ぐことで知られるアシナガゴカイ、
逆に20cm近くまで育つ大型種のオウギゴカイも
春にバチ抜けを行なう。

イトメもイソメもゴカイも
パッと見では同じ生き物に見えるが
生態はまるで違うのである。

このようにエサの生態に着目してみると
大きなヒントが得られるのである。

(山根)

2010/1/12

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中