川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

冬に魚が旨いワケ

冬に魚が旨いワケ

つり人編集部=写真と文

冬は魚が旨い。

もちろん例外はあるけれど
概して、冬の魚は旨い。

これには3つの理由が考えられる。

ひとつは水温が下がるにつれ
魚は皮下脂肪が増えるため。

たとえば伊豆諸島方面の磯釣りの外道で
秋口にスマガツオがよく釣れる。
その頃釣れるのは
脂の乗りが今一つで
酸味が少し強くて
1尾あれば充分な感じ。

ところが
数は秋口ほどではないが
冬場でもたまに釣れるときがある。
冬場のスマガツオは脂が乗り乗りで
舌の上でトロけそうな感じ。
酸味もなく
全身がマグロのトロのような感じなのである。

2つ目の理由。
特に雑食性の魚は
冬場に植物性タンパク質を好む傾向がある。

メジナやブダイを例に挙げれば
冬場の特効エサは
ヒジキやアオサノリ、ハンバノリである。

アオサノリで釣れたメジナ

冬場にノリエサで釣れた魚の腹の中には
海藻がパンパンに入っていることが多い。
そのような魚体は、まず旨い。
磯魚は磯臭いというイメージがあるが
海藻を食べている魚は
臭いというより香ばしいのだ。

逆に、夏に釣れた魚の腹の中には
イソメ類やカニ類など
動物性タンパク質が入っていることが多く
磯臭さが強い。


茶色の海藻はハンバノリ、緑色がアオサノリ

3つ目は産卵。
マダイ、クロダイ、メジナなど
春に産卵をする魚は多い。

抱卵し始めると
栄養分の大半はそちらに注がれてしまい
身からは脂が抜けパサパサになってしまう。

逆に抱卵直前の魚は
全身に栄養分を蓄えるため
それがそのまま滋味となるわけだ。

つまり
水温が下がるだけで大概の魚は旨くなるが
雑食性の春産卵の魚に関しては
なお旨くなるというわけ。

もっとも、最近は釣りに行っていないため
ほとんど口にできなくなりましたが…

(山根)





2010/1/29

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中