毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ベイエリアのスズキ釣りが熱い!

ベイエリアのスズキ釣りが熱い!

つり人編集部=写真と文

渓流釣り大好きの編集部Sが
渓流が解禁したというのに
川ではなく海に向かった。

それも東京湾のとある海釣り施設だ。

なんでも
日中にシーバスが飛びつく釣法があるのだとか。

いや、正確にはシーバスではなく
スズキ・フッコである。

シーバスというのは
スズキ・フッコをルアーやフライでねらう場合に用い
エサの場合はスズキ・フッコだろう。

ちなみにスズキは出世魚で
セイゴ、フッコ、スズキとなる。

さて、ぼくもベイエリアのスズキ釣りには随分と行ったが
ほとんどが夜である。
ルアー釣りが多かったがエサ釣りもした。
特に春はアオイソメで好釣果があがる。

だが、日中に釣った記憶がない。
日中にねらうなら渡船で
横浜沖堤や川崎新堤に渡るのが一般的だ。

編集部Sが耳にした釣法については
今月25日発売の月刊つり人5月号を読んでいただくとして
今日の釣果は80センチ、60センチ、50センチ、50センチ
と計4尾だったそう。

しかも川崎市内の拙宅からクルマで30分の場所だ。

これはもう、行くっきゃない!

(山根)


2010/3/2

<< 2010/3 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中