毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

キレてはいけない

キレてはいけない

つり人編集部=写真と文

アユの友釣りでしばしば目にするシーンがある。

10~20メートル間隔で
釣り人が並んでいる。

ひとりにアユが掛かると
みんながチラリと見る。
釣りあげたばかりのアユをオトリにすると
またすぐに掛かる。
釣り人がずらりと並んでいる中で
ひとりだけ入れ掛かりだ。

そんなとき
「あの場所にアユが溜まっているのかも」
と考える釣り人は少なくない。

「自分も、あの場所の近くにオトリを入れられれば」
と強く思うあまり
じわじわと、入れ掛かりの釣り人に近寄ってしまう気持ちは
分からないでもない。

並みの釣り人ならば
せっかく自分がいいペースで釣りあげているのに
その場所に他人が近付いてきたら
「お~い、あんまり近づくなよ」
と声を荒げるかもしれない。

しかし、巧者は違う。

周りから釣り人がじわじわと寄ってきても涼しい顔で釣り続け
タイミングを見計らって、あっさりその場所を譲ってしまうのだ。

で、強引に入ってきた釣り人が
それまでねらっていた場所に入るのだ。

コーナーに追い詰められたボクサーが
隙を見てすらりと身を入れ替えるように。

で、今度は、新たな場所で再び入れ掛かりが始まる。
強引に入れ掛かりポイントに入ってきた釣り人は
その甲斐なく釣れないばかりか
自分が今までねらっていた場所で
他人が入れ掛かりをしているのを目の当たりにする。

たいていの人は
そのような状況に追い込まれたら
岸に上がって大きく場所移動をするだろう。

では、なぜ巧者はせっかくの入れ掛かりポイントを譲っても
同様に釣り続けることができたのか。

活きのいいオトリをたくさん持っていた
ということももちろんある。

しかし、それだけではない。

人が入れ掛かりをしている場所にじわじわと寄ってくる釣り人は
そもそも二流か三流の腕前であることが多い。
当然、並んでサオをだしていた巧者は
その二流か三流の釣り人が
長時間アユを掛けていないことを見ていた。
オトリは相当にへたっているはずである。
オトリは川底にへばりついたように動かないから
サオも動かない。
じっとサオを構えたまま
釣り人も動かない。
まるで案山子のように。

つまり、二流か三流の釣り人が
場所取りをしていてくれたようなものである。
サオの入っていないサラ場ともいえるわけで
そんな場所に活きのいいオトリを放てば
またすぐに入れ掛かりとなることは必至だ。

巧者はそれを、よく知っている。

自分が、せっかく入れ掛かりを演じているのに
その場所にズカズカと入ってこられるのは
我慢ならないところだが
キレるのではなく
さらなる飛躍への転機だと捉えられるかどうかが
ひとつ上のステージに上がれるかどうかの境目かもしれない。



(山根)









2010/6/16

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中