川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

花の開花で釣期を知る

花の開花で釣期を知る

つり人編集部=写真と文

埼玉県日高市の巾着田で
ヒガンバナが満開になったというニュースを見た。

えっ、今頃?
と思ったところ、やはり今年は夏の暑さのため
開花が例年にくらべて大幅に遅れた模様。

彼岸花というくらいだから
本来なら今頃咲くのが普通だと思うが
実際は8月下旬から9月上旬に咲くことが多い。

ちなみに、尺アユの聖地といわれる熊本県球磨川では
ヒガンバナが開花する8月下旬くらいからが
尺アユ釣りのベストシーズン突入といえる。
同様に、九州で大ヤマメのベストシーズンの目安になるのは
フジの花の開花。

花の開花で釣期を知るというのは、とても風流だ。

ところで、秋に咲く花でぼくが好きなのはキンモクセイ。
あの香りを嗅ぐと
郷愁で胸がいっぱいになるのは、ぼくだけだろうか。

ちなみに、キンモクセイもヒガンバナも
遠い昔に海を渡ってやってきた外来種。
外来種生物を目の敵にしている人たちに引っこ抜かれなければいいが…

(山根)

2010/9/29

<< 2010/9 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中