毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

花の開花で釣期を知る

花の開花で釣期を知る

つり人編集部=写真と文

埼玉県日高市の巾着田で
ヒガンバナが満開になったというニュースを見た。

えっ、今頃?
と思ったところ、やはり今年は夏の暑さのため
開花が例年にくらべて大幅に遅れた模様。

彼岸花というくらいだから
本来なら今頃咲くのが普通だと思うが
実際は8月下旬から9月上旬に咲くことが多い。

ちなみに、尺アユの聖地といわれる熊本県球磨川では
ヒガンバナが開花する8月下旬くらいからが
尺アユ釣りのベストシーズン突入といえる。
同様に、九州で大ヤマメのベストシーズンの目安になるのは
フジの花の開花。

花の開花で釣期を知るというのは、とても風流だ。

ところで、秋に咲く花でぼくが好きなのはキンモクセイ。
あの香りを嗅ぐと
郷愁で胸がいっぱいになるのは、ぼくだけだろうか。

ちなみに、キンモクセイもヒガンバナも
遠い昔に海を渡ってやってきた外来種。
外来種生物を目の敵にしている人たちに引っこ抜かれなければいいが…

(山根)

2010/9/29

<< 2010/9 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中