川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

クマより恐い生物…

クマより恐い生物…

つり人編集部=写真と文
この夏、越後湯沢を潤す魚野川に行ったとき
「あっ!」
と声を上げてしまった。

周囲の山々の所々が
すでに紅葉しているのである。

ナラ枯れである。

カシノナガキクイムシという名のキクイムシに
ナラの木がやられてしまったのだ。

今、日本海側を中心に
このナラ枯れの被害が広がっている。

その理由を
「温暖化のせいである」
と決めつけている御仁もいるが
はたして、そんなに単純なことだろうか。

林業に精通するアユ釣りのベテランは
「林野行政が招いた人災だ」
とつぶやいていた。

ご存知のように
我が国の林野行政は疲弊しきっている。
本来、植林など人の手が入った山は
定期的に間伐など手入れをせねばならないのだが
放置されっぱなしの山が増えている。

キクイムシが巣食いやすいのは高齢の樹木である。
つまり、本来なら伐採されるべきはずの老木が
そのまま放置されているのが現状であり
そのような山はキクイムシたちにとって
願ったりのパラダイスなのである。

話は変わり、クマである。
最近、クマの被害が凄まじいことになっている。
昨日などは
富山県の砂浜で海釣りをしていた釣り人が
背後からツキノワグマに襲われた。

北海道でもヒグマが斜里町の町中を
白昼堂々と闊歩していた。

なぜ、クマは人里に降りてくるようになったのか。

山にエサがないからだ。

なぜ、山にエサがないのか。

山が荒れ放題だからだ。

林野行政の行き詰まりが招いた事態である
といっても過言でないだろう。

ある意味、クマは被害者なのだ。
だが、人間は容赦しない。
いとも簡単に撃ち殺してしまう。

そして
「温暖化は恐ろしいなあ」
となんでも温暖化のせいにしてしまう。

本当に恐ろしいのは人間なのだ。

上記はあくまでも一釣り人である
ぼくの私見であるが
ヒグマの真実を知りたい方には
ぜひ
熊のことは熊に訊け
をご一読いただきたい。

(山根)

2010/10/20

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中