毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

たかがラーメン、されどラーメン

たかがラーメン、されどラーメン

つり人編集部=写真と文

昨夜は北海道支社へ行ったあと
ノースアングラーズ関係者とすすき野へ。

北海道の釣りの話を肴に飲んでいると
時間が激流のように流れていく。
夢がありますね~、北海道の釣りは。

夕方6時から飲み始めて
あっという間に日付が変わってしまった。

ぼくは近くの激安ビジネスホテルに泊まるからいいものの
スタッフの皆さんは、タクシー。
中には泊まったほうが安いという人も。

申し訳ない気持ちで宿へ向かうも
道がさっぱり分からない。
見かねたH君とY君が送ってくれるという。

「すまないね~」
「いえいえ。ところで、北海道では飲んだ後はラーメンで締めるんですよ」
とY君はキラリと目を輝かせた。


「近くに美味しいラーメン屋あるの?」
「あるんですよ2軒。
1軒は塩で1軒は味噌。
北海道は味噌と思われるかも知れませんが
ここの塩が抜群なんですよ」
H君も絶賛しているではないか。

そこまで言われて食べぬわけにはいかない。

歩いていくと
どう見ても観光客目当てとしか思えない
ラーメン横丁という看板が出現した。
まさか、ここじゃないだろうな……。

以前、ある地方に取材に行き
「すごい旨いラーメン屋を知っているから
ぜひ帰りに食べに行きましょう」
と同行者に期待を抱かされ、連れて行かれたのが
どこにでもあるチェーン店で
ショックのあまりラーメンではなく
チャーハンを注文した記憶が蘇ってくる。

しかし、ラーメン横丁の前を
躊躇なく素通り。
ホッと胸をなでおろす。

目当ての店はその近くにあった。
なんと午前1時を過ぎているのに
塩ラーメンが有名な信月には5~6人が並んでいるではないか。

「ちょっと並びますけどいいですよね。
山根さんはいつもラーメン二郎に並んでいるそうですから(笑)」
とY君。

Y君もH君もラーメンがとても好きで
内地にしかないラーメン二郎を
一度でもいいから食べてみたいのだという。

「山根さんはやっぱり野菜マシマシとか言うんですか」
Y君はやたらとラーメン二郎の知識があり
根掘り葉掘り聞いてくる。

席が空いたのでイチオシの「塩しょうがラーメン」を注文。



スープは透き通っていて
あっさりとしているがコクが適度にある。
ショウガがツ~ンと鼻の奥を刺激して
スープをグビグビ飲んでしまう。

中太の麺はコシがあり
あっさり塩味のスープによく合っていた。

Y君はしきりに
「どうですか、二郎とどっちが旨いですか」
とラーメンを食べながら目を輝かせて聞いてくる。

考えてみたが、比較のしようがない。

それは多分、同じコメを使った料理だからといって
オムライスとチャーハンの味を比べるようなものだろう。

ぼくの中では
ラーメン二郎というのは
ラーメンというより「ラーメン二郎」という食べ物なのだ。
だから、ラーメン二郎の比較の対象になるのは
ラーメン二郎しかない。
神保町店は量がすごく、川崎店や鶴見店は適度な甘さがあり
目黒店や松戸店は少しからめといったぐあいだ。

しかし、そんなことを言ったところで
Y君やH君に分かるはずがない。
今度ぜひ、Y君とH君を東京に呼んで
ラーメン二郎を食べてもらおうと
強く思ったのだった。

(山根)










2010/12/10

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中