毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

クニマスフィーバー

クニマスフィーバー

つり人編集部=写真と文

なんだか、西湖のクニマスがすごいことになっている。

以前、雑誌の企画で本栖湖や西湖に
「幻の魚を釣る」
というような感じでクニマスをねらったことがあったけど
もちろん釣れない。

というより、やっている当人が
「いるわけがない」
と思っていた。

だから、今回のクニマス発見には
心底驚いたしだい。

しかも、さかなクンが見つけたというところが
また凄い。
さかなクンの魚にかける情熱には
同じく魚を愛する者としてただただ感服です。

一連の報道で残念なのは
クニマスは田沢湖の固有種であり
西湖のクニマスは「国内産外来種である」と
一部の魚類学者が言い始めている点。

たしかに、「国内産外来種である」ことに違いないが
これはイケナイことなのだろうか。

そもそも、日本の内水面で漁業を行なう場合
漁業者に漁業権対象魚種の増殖が義務付けられている。

つまり、海と違い内水面は生産力が低いため
取った分を放流するなどしてフォローしないと
魚が少なくなってしまうのである。
持続可能な漁業にするための義務である。

西湖はヒメマス、ワカサギ、ヘラブナなどが
魚種認定されていて
それらは毎年放流されている。
ヒメマスもワカサギもヘラブナも
もともとは西湖にいない魚であり
国内産外来種である。

クニマスが西湖にいてはならないというのなら
ヒメマスもワカサギもヘラブナもいてはならないということになる。

といって、
「そんなに大事な魚なら全面禁漁して保護すべきだ」
なんてことになると
西湖の漁業関係者は生活できなくなってしまう。

この辺のさじ加減はとても難しいところだ。


(山根)

2010/12/16

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中