毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

最後の清流

最後の清流

つり人編集部=写真と文

昨日のNHKアーカイブスで
生きもの地球紀行 「清流 長良川」
が放映されていた。

ぼくがこの番組を見るのは
最初に放送された1993年以来だ。

泣けた。

河口堰が稼働する前の
まだ海と繋がっていたころの長良川。
そこは、さながら淡水魚の楽園だった。
天然のサツキマスが群れていた。

涙なくして見られなかった。

番組の中で
「ダムなどで寸断されていない川は本当に豊かです」
というようなナレーションが
しばしば流れた。

しかし、この番組が放送された2年後
長良川河口堰という名の大量殺りくマシーンが
稼働を始めるのである。

当然、番組制作中に工事はガンガン行なわれていたはずである。

しかし、番組の中では河口堰について
ひとことも触れられていなかった。

ひたすら長良川賛美の内容で
それがかえって、切なかった。

どんなに自然豊かな素晴らしい川であっても
ダムや河口堰が1基でもできれば
川は死に向かってみるみる衰弱していく。

河口堰稼働前と後の長良川が
そのことを雄弁すぎるほどに語っている。

長良川こそが
正真正銘の「最後の清流」だったのである。


(山根)





2011/6/13

<< 2011/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中