毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

神楽坂の料亭へ

神楽坂の料亭へ

つり人編集部=写真と文

編集部のある神保町は
世界最大級の本の街。

出版社が軒を連ねている。

飲み屋も多い。

ただ、低迷を続ける出版業界を象徴するように
繁盛している店は大半が客単価3000円程度の居酒屋。
それより高い店は
よほど特徴がないかぎり、存続が難しくなっている。

一方、神保町から少し離れたところにある神楽坂は
こじゃれた飲み屋が多い。

坂の途中に毘沙門天があり
これより上には高級割烹が点在し
下には、しがない編集者でも入れる店が並ぶ。

以前一度だけ、
磯釣り界の重鎮に坂の上の素敵なお店に
連れて行っていただいたことがある。

昨夜は、久しぶりに大先輩と神楽坂へ。

いい店を知っているというので
後を付いて坂を上っていく。

毘沙門天より下の路地を入ると
ウッ、と尻込みしそうな高級料亭然とした門構えの店が……。

なんと、先輩はずんずん、その料亭に入っていくではないか。

「客単価2万円くらいだけど、いいよな」

と言っていたけど、あれは冗談じゃなかったのか。。。

灯篭に照らされた石畳の道を歩いていくと
喉がカラカラに乾いてくる。

このまま引き返そうかと思ったが
適当な言い訳が思いつかない。

暖簾をくぐると大きなイケスが
中にはマアジ、カワハギ、シマアジ……。

終わった。

給料日まで10日もあるが
今月はこれで文無しだ。

限りなく黒に近いブルーな気分で店内を進むと
何やら様子が妙だ。

いや、いつも行く神保町の安居酒屋と同じ雰囲気だ。

壁に貼られたチラシに
生ビール一杯180円の赤い文字が躍っている。

「ハハハッ、まんまと引っ掛かったな(笑)」
と先輩は高らかに笑う。

店の名は「竹子」。

どうやら、ぼくのような小心者を
驚かすための造りにわざわざしたようなのだ。

ちなみに、さんざん食べて飲んで
客単価3000円ナリ。

Mさん、素敵なお店教えてくれて
ありがとうございました!

(山根)

2011/11/16

<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中