毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2012年もよろしくお願いします!

2012年もよろしくお願いします!

つり人編集部=写真と文

新年あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

月刊つり人が創刊したのは昭和21年。

今年でいよいよ66年目に突入です。

釣り人というのは
どうも自身の「釣り歴」の長さを誇る傾向があります。

たとえば、35歳の人が
「釣り歴は30年」
などと言うケースは珍しくありません。

釣りにかぎった話ではありませんが
釣り人の質はキャリアで決まるわけではありません。

釣り歴が30年あるにもかかわらず
技術や知識は大したことないし、
ゴミを平気で釣り場に捨てる人もいれば

釣り歴が3年しかないのに
優れた技量を備え
ボランティアで釣り場の清掃までする人もいます。

月刊つり人は
釣り雑誌界でいえば、世界最高齢の類に入ると思いますが
その歴史にあぐらをかくようなことはせず
常に謙虚に、ポジティブに釣りと向き合って参ります。

2012年は、震災の傷がまだまだ癒えない日本だけじゃなく
アメリカやヨーロッパも厳しい年になることが予想されています。
朝鮮半島からも目が離せません。

そんななか
日々の暮らしでささくれ立った心に
少しでも潤いを与えられるよう
「釣りは平和の象徴」をモットーに
編集部一丸となって誌面作りに取り組んで参ります。

本年もご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

(山根)

2012/1/5

<< 2012/1 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中