毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

タチウオ/「甘辛醤油煮」

濃いめの煮汁の関東風

葛島一美 写真と文
100

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

タチウオの甘辛醤油煮

材料

タチウオ
サヤインゲン
長ネギの白髪ネギ
煮汁
・醤油80㏄
・日本酒100㏄
・水100㏄
・ザラメ大さじ3
・昆布10㎝角1枚
・ショウガの薄切り数枚



 
101 鍋の中に煮汁の調味料を合わせ、昆布を敷いてひと煮立ちさせる


 
102 ここに筒切りにしたタチウオを並べてショウガの薄切りも入れ、弱めの中火で沸騰させる。アクが出たらすくい取る


 
103 適度に煮汁をかけながら弱火で約10分間煮る

4 
104 下茹でしたインゲンを加えてひと煮立ちすればできあがり。器に盛って白髪ネギを飾る

ザラメ 105 一般的にザラメは白ザラ糖と中ザラ糖があり、煮物には薄い茶褐色をした中ザラ糖が多用される。コクのある味に仕上がるのが特徴だ

タチウオ料理関連記事はこちら!
さばき方
甘辛醤油煮
塩焼き
酒蒸し
竜田揚げ
炊き込みご飯

2016/12/6

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中