毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

渡る勇気のある人は訪ねてみては?

渡る勇気のある人は訪ねてみては?

つり人編集部=写真と文

これまで、渓流ではいろいろな橋を見てきた。
四国のかずら橋なんて、かずらを編んであるだけで怖かったが
それでも有名観光地なのだから切れて落ちる心配なんてしなかった。

だがこれは……。
橋.jpg
隙間だらけというか、ただ木の板を乗っけただけの吊り橋。
いつ腐って割れてもおかしくなさそう。
おまけに落っこちても誰も気が付いてくれないような山奥だ。

だが、さらに度肝を抜いたのがこの橋。
橋かいな.jpg

っていうか本当に橋なのかすら怪しい。
一応橋の入り口らしきところには梯子があって、
上のワイヤーを掴んで木に乗っかれば渡れそうだが、
それにしてもワイヤーはそうとう錆びているし……。
橋ではないと信じたいが、橋以外の用途は思いつかなかった。
これを見て渡りたくなったあなた、責任はもちませんので
あしからず。

2006/6/11

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中