川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

サーフで考え中……

サーフで考え中……

つり人編集部=写真と文

欲しかったロックフィッシュ専用のベイトロッドを購入。
そんでもってロックフィッシュ取材へ行ってきました。

舞台は静岡県某所のサーフ。
最近、この辺りではサーフからのエギングが盛んになっています。
というのも、飛距離さえ出せれば
ブレイクの先の深場に潜んでいるアオリイカに遭遇できるからです。

沼津在住でSW全般を得意にする新保明弘さんは
サーフエギングの先駆けのひとり。
同様のアプローチで、
サーフから本気でロックフィッシュをねらっています。

こうなると、とにかく飛距離がモノをいいます。
当然、ロングロッドに細めのPEラインでメタルジグという組み合わせです。

DSC_3845.jpg
「OCEA AR-C S1006L」を操り、かっ飛ばす新保さん

でも、飛距離がモノをいうのはサーフに限らないはず。
ただし、ロックフィッシュの場合、
ベイトタックルにフロロカーボンラインが主流です。

ちなみに、ワタシがヘタクソというのもありますが
飛距離の差はいかんともしがたく
ワタシも早々にスピニングのロングロッド+極細PEラインの釣りに変えました。

エギングで慣れているからかもしれませんが
ロックフィッシュの釣りも
細いPEラインのほうが釣りやすい気が……。
いちいち根掛かりのたびにラインシステムを組むのが面倒
というのは確かにありますが
海面に浮いて、ルアーを上に引っ張り上げる特性を活かせば
沈んでしまうフロロカーボンよりも根掛かりが少ない気もしています。

ただしこれは足場の高さや水深によっても
変わってくるでしょう。
また、地域によっては玉網など持たずに
険しい地磯をラン&ガンします。
このような釣りでは抜き上げが前提ですから
細いPEラインは不向きです。

ベイトタックルとスピニングタックル、
フロロカーボンラインとPEライン、
それぞれの特性を活かして
この釣りはまだまだ進化していきそうな気がします。

DSC_3795.jpg
朝マヅメの数投でシーバスがヒット。サーフって意外に釣りものが多彩です

2006/6/16

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中