毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ヒラメ/締め方

美味しく持ち帰るコツを伝授!

岡崎 孝 写真と文
061-063okazaki_cs6 (21) 紹介した締め方で作る刺身は絶品である。ぜひ違いを味わっていただきたい

この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。


 今回は釣ったヒラメを美味しく持ち帰る方法を説明したい。「釣った魚は鮮度がよい」ということで、ただクーラーに入れて持ち帰ってはいないだろうか。ヒラメ釣りではたいていの方が釣ったヒラメを樽に入れて、沖上がりまで放置しているだろう。魚は死んだり、弱ると体内で蛋白分解酵素が多く発生し、鮮度が落ちるのが速くなる。また、血抜きもしっかりできていないため、肉に血が残り、生臭さが残ってしまう。特にヒラメやマダイなどの白身の魚は上品な甘味を味わうものである。せっかく釣った魚も台無しになってしまう。元気な内にしっかりと締め、氷の入ったクーラーにしまったほうがよい

ヒラメの締め方

1
 まず背中を手前にし、エラの付け根に刃先を入れ、血管と背骨を切るようにしっかりと刃先を入れる。
061-063okazaki_cs6 (14) 061-063okazaki_cs6 (15) 061-063okazaki_cs6 (16)
2
 尾の付け根に刃先を当て、こちらも骨を切れるまで刃先を入れる。
061-063okazaki_cs6 (17)
3
 ヒラメの頭と尾を持ち、曲げながらしっかりと血を絞り出す。
061-063okazaki_cs6 (18)
4
 出た血は海水で洗い流し、氷にヒラメが直接当たらないように、濡れた新聞などを氷の上に敷く。ヒラメを置き下氷の状態にして持ち帰る。小さいクーラーでは、ヒラメを重ねないと入らないが、重ね過ぎると氷が効かなくなるので注意が必要だ。
061-063okazaki_cs6 (19)
その他の注意点 
 氷が解けた水をそのままにしておくと、ヒラメの切り口から水分が肉に入り込み、水っぽくなる。溶けた氷の水でヒラメがヒタヒタにならないように、クーラーの底にスノコを敷いてもよい。もしくは、濡らした新聞でヒラメを一尾ずつ包み、厚手のビニールに入れ、しっかり口を止めてから氷水に浸してもよい。
 マダイやヒラメなどの白身の魚は締めた後はなるべく水の中には入れないこと。アジやイナダ、サバなどの青ものは締めた後でも海水氷の中で保存は可能だ。


061-063okazaki_cs6 (20) ヒラメ釣りではイナダなどの青ものもヒットするのでいいお土産になる

2016/12/8

最新号 2017年9月号

特集は「いつものせせらぎのその上流へ! ステップアップ源流釣り入門」。巻頭の舞台は東京近郊だが、車止から2時間ほどで本格的な源流が味わえる秩父源流・赤沢谷。焚き火を囲みながら仲間とすごす時間は格別。一度味わえば源流の虜になること間違いなしだ。そのほか、野営術、ロープワーク、ビギナーにも優しいおすすめ源流など、源流入門者をトータルでサポート。今年の夏は身近にある非日常の世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか? 第2特集は「夏の自由研究もお任せ! 親子で楽しむ魚釣り&虫取り超入門」。ザリガニ釣り、オイカワのピストン釣り、カジカ釣り、昆虫採集、ハチの子取りを解説。ほかにも旬の釣りをたっぷり紹介!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中