毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

揉めば揉むほど

揉めば揉むほど

つり人編集部=写真と文

マダコ。
その味は好きだったけど、
はっきりいって今まではタコ焼きの中身とか
刺身盛の端っこに寂しそうに身を寄せた脇役だというくらいの
認識しか持っていなかった。
ところが。

「キロ何千円もするんだよ」
先日マダコ釣り取材に行った際、先輩にそう言われてびっくり。
東京湾のマダコってそんなに高いの!?
「マダコ釣りか、いいなあ……。足1本でもいいから頂戴よ」
魚の味にはうるさい先輩がそういうほどだから、よほど美味なんだろう。
沖釣り応援団団長・大塚貴汪さんが
釣りあげたマダコをいただいて(本当にありがとうございます!)、
さっそく料理してみた。
「とにかく荒塩で揉むこと。揉めば揉むほど旨くなるから」
という先輩の言葉にしたがい、これでもかと揉みまくること15分。
ヌメリがなくなったところで軽くゆでてぶつ切りにした。
マダコ.jpg

わさび醤油を付けて頬張ると、
今まで食したマダコとは別物とも思えるほどの、タコの風味が広がった。
これは確かにウマイ。
今度はおすすめプランの取材で行こうかな?

ちなみに、下は取材が終わった時に某先輩から送られてきたメール。

Sub お疲れさまです
連日本当にお疲れさまです
何時に帰社されますか?
お気をつけて早めにお帰りくださいませ

普段は厳しい先輩が、ここまでへりくだってでも
ゲットしたいと思わせるマダコ。
東京湾のマダコが美味なことは、僕のつたない文章より
このメールがハッキリ示している。
皆様も一度釣行してみては?
今回お世話になった富津の鹿島丸さん(??0439-87-2186)は
丁寧な接客でおすすめですよ!

2006/7/1

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中