川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

水辺の怪談3

水辺の怪談3

つり人編集部=写真と文

夕飯の出前を食べながら
このブログを開きました。
「水辺の怪談」に続いて「水辺の怪談2」とあり
読んでみれば……トホホという話でした。

ワタシも霊感はありません。
ただ、1度だけフシギなことがあったのを思い出しました。

もう何年経つでしょうか。
Oさんという、とってもお世話になった筆者が急逝されました。
Oさんとは何度か取材に行きましたが
忘れられないのがヤリイカ取材。
それまで深場のイカ釣りに全く興味がなかったワタシに
魚とは異なる面白さを教えてくれました。

Oさんが亡くなった翌年の冬。
会社の先輩とTカメラマンと外房へヤリイカ釣りに行きました。
船上で仕掛けをセットしていると
「お、なんか変わった結びだね」
とTカメラマンが話し掛けてきました。
「亡くなったOさんに教わったんです」
とワタシが応えると
「ああ、Oさん亡くなったんだよね。いい人だったけどねえ」
とTカメラマン。

ちょっとしんみりとした空気が流れた数秒後
「でも、イカ釣りはあんまり上手くなかったよねえ(笑)。
オレも教わったけど、最初からオレのほうが釣ったもん(笑)」
とTカメラマンが話すので、つられてワタシも笑ってしまいました。

そして、まだ出船時間にならないのかと
携帯電話を取り出してビックリ仰天。
知らぬ間に着信があり、しかも相手はOさん……。
思わず鳥肌が立ちました。
発信履歴ならば、間違って押した可能性もありますけど
着信はありえません!

つられたとはいえ、笑ってしまってすいませんでした!
ワタシはしっかりとリスペクトして、
直伝仕掛けを使っていますよ!

2006/7/7

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中