川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

未確認生物!?

未確認生物!?

つり人編集部=写真と文

最近、このブログは恐怖体験シリーズが続いている。
僕も今までに不思議な経験をしたこと一応あるのだが、
基本的に疑り深いたちなので
自分で経験したことも
「確かに不思議なことだったけど、こういう偶然が重なれば
説明できなくもない」
などと理屈をつけて自分を納得させてしまう。

というわけで、今回は幽霊目撃みたいな話ではなく、
本日目撃した未確認生物について書きたい。
これもある意味背筋に悪寒が走るような
ブキミな体験だったので。
ちなみにミミズなどヌメヌメ系生物が嫌いの人は、
下の写真は見ないほうがよいかもしれません。

突然の雨で、ずぶ濡れになって家にたどり着いた僕の視界の隅に、
妙に鮮やかなオレンジの物体が飛び込んできた。
ん?
これは…?
未確認生物.jpg
鮮やかなオレンジだが…


よく見ると、そのオレンジのヒモのようなものはずるずると動いている。
あまりの不気味さに、かえってじっと見つめてしまうそのヒモ状生物は、
その細さに対して不釣合いなほど長い。
30cm近くはありそうだ。
一応生物好きなので、
不思議な生物と見れば放っておけない。
触れるのはさすがにためらわれたので、
一応棒を拾ってきて引きずり出してみた。
これは…まさに未確認生物?
未確認生物2.jpg

頭の形などから、どうやらヒルの仲間っぽいことは想像できた。
どこかの図鑑で見たような気もする。
まあいいや、写真撮って後で誰かに聞くか。
そう思って生物に詳しい後輩に電話してみた。
「ああ、コウガイビルじゃないすか?」
オレンジの細長い不気味な生き物を見た、と言ったら、
後輩は写真を見るまえにそう断言した。
なんだ、意外と有名なヤツなのか。

名前が分かってすっきりはしたけど、
ちょっとだけ涼しい
…というか気持ちの悪い体験でした。
釣りのエサにしたら何が釣れるのかな?


2006/7/9

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中