毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

本流ならぬ濁流釣りの結果は…

本流ならぬ濁流釣りの結果は…

つり人編集部=写真と文

本流の大ヤマメとノベザオ1本で勝負。
まさに男の釣りといえる本流釣りだが、
その大会が群馬県の利根川で行なわれた。

細山さんをはじめ、多くの本流釣り名手たちと
利根川の大魚とのやりとりを間近で見られるのだから、
これはもう興奮するなというほうが無理。
まだ夜も明けぬ4時、全国各地から男たちが集まった。
その人数なんと146名。
さて、さっそく川へ……。

利根川.jpg
この茶色い流れにもめげず、参加者たちはサオをだす

ところが参加者たちの目に映ったのは、
前日の大雨で増水した茶色い濁流。

これは……大丈夫か?
心配する僕だったが、参加者は案外平然としていた。
「まあしょうがないよな、こんな日もあるよ」
などと笑顔で準備を始める。
利根川本流のような大場所で本流ヤマメを相手にしていると、
このくらいおおらかになるのだろうか?

大会が始まると、案の定条件は厳しくなかなか本命のアタリはない。
と、目の前の参加者のサオが大きく絞り込まれた!
これはついに…!?

来た?.jpg
写真を撮りまくったが

残念ながら上がってきた魚影は茶色。のったりと暴れるのはコイでした……。

だが、こんな状況にも関わらず、参加者のなかにはそれなりに釣果をあげている人も。
決勝戦でサオを絞り込んだ大ものの正体は……?

濃霧.jpg

詳細は8月25日発売(かなり先ですが……)の10月号で!

2006/7/19

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中