川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

那珂川で大アユ釣れ始まる

那珂川で大アユ釣れ始まる

つり人編集部=写真と文

「一生に一尾、釣れるかどうか」
と表現されるほど難しいとされる尺アユを
1日に3尾も4尾も釣ってしまう人がいる。
栃木県那珂川で産湯をつかった菊地信孝さんだ。

大アユ釣りだけじゃなく、
トーナメントでも好成績を残す菊地さんの最大の武器はオモリ使い。
日本一と評される菊地さんのオモリ使いを徹底解説したビデオ
オモリ釣り奥秘
の中でも、次々と尺アユが飛び出す。
アユ釣りの経験があり、
このビデオを見て平然としていられる人を僕は知らない。

梅雨が終わりそうで終わらない先週、
菊地さんと共に那珂川へ。
一昨年に菊地さんが31cmを釣ったという黒磯地区へ向かった。
今期の那珂川は例にもれずに増水続きで、
黒磯の荒瀬にはほとんどサオが入っていない状態とか。

この日もまだ10cmほど高く、
普通のタックルでは太刀打ちできないような荒瀬が
轟々と流れていた。

養殖オトリに飴玉くらいのオモリを付けて、
いきなり荒瀬の頭にブチ込む。
気持ちいいくらい豪快だ。
間もなくして掛かったのは20cmクラス。
日照不足により全国的にアユの発育が遅れている中で、
このサイズのアユにお目にかかれるとは正直、思っていなかった。
さすがは荒瀬マスター。

しかし、これはほんのプロローグにすぎなかった。
どんよりとした雲の下、
菊地さんの剛竿が次々と曲がり、
22cm、23cm、24cm、25cmと
真っ黄色の天然アユが次々に飛び出す。
DSC_1059.jpg
7月下旬現在でこのサイズ。あと一ヶ月もすれば、間違いなく尺上が出るだろう

すごいゾ、すごいゾ!
シャッターを切りながら激しく興奮したのは久しぶりだ。

菊地さんいわく、
今期の那珂川は梅雨が明けて3日ほど照り込みが続けば、
とてもいい状況になるとのこと。
オモリどっさり持って、行ったるで~!

なお、この日の模様は月刊つり人10月号(8月25日発売)で、
詳細レポート。菊地さんのオモリ使いを、徹底解説します!

2006/7/30

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年5月号

特集は『タナゴ マブナ クロダイ ウミタナゴ カレイ……春のワクワク釣り場完全ガイド「堤防・小磯」&「湖沼」』。春タナゴ&乗っ込みマブナ入門、乗っ込みマブナ釣り場、タナゴウキの浮力実験、アジのカゴサビキ釣り入門、アジ釣り場紹介、三浦半島ドローン釣り場……などを掲載。陽光が日ごとまぶしさを増す季節。身近な海や水郷のあぜ道に繰り出せば、きらきらと銀鱗を輝かせる元気な魚たちが、春の目覚めとともに命の躍動を伝えてくれる。家族と、友人と、たっぷり遊んで満ち足りる一日。貴方・貴女の「行きたい!」はどれですか? そのほか、バチ抜けシーバス入門、桂川支流鶴川のヤマメ釣り、渓流ファン5人による解禁レポートなどをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中