毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カセのカワハギもアリ!

カセのカワハギもアリ!

つり人編集部=写真と文

カワハギ釣りの取材に行きました。
といっても乗合船ではありません。
カセです。
関東ではあまり馴染みのないカセ。
西日本ではかなり盛んで
貸しボートをポイントまで牽引してもらい
アンカーで固定してもらう釣り方で、
いわゆるカカリ釣りと呼ばれるものです。

本来はクロダイ釣りのために発展したものですが
千葉県の「勝山かかり釣りセンター」さんでは貸し切りならばクロダイ以外の釣りもOKなのです。

P1010030.jpg
通常の貸しボートとは比較にならないほど快適な船上。循環式のイケスが3つもあり、鮮度抜群の魚を持ち帰られます

というワケでカワハギに挑戦です。
もともと勝山周辺はカワハギの巣窟。
この時期は水深10m前後の浅場で数釣りが楽しめるはず。
その目論見は的中しました。

P1010059.jpg
撮影したのちワッペンはすべてリリース

いわゆるワッペンと呼ばれる小型が半数。
そして20~25cmの食べ頃サイズが半数。
ワタシは37尾を釣り、腕が痛くなるほど楽しみました。

PA040015.jpg
当日使用したエサはマルキューの「特上アサリ」と「くわせ生アサリ」。どちらも食いはお墨付きですが、やっぱり特上は締まりもよく使い勝手も特上!

クロダイの場合は乗合制ですが、
その他の釣りは2人以上での貸し切り制になります。
そのぶん自由度は高く、カワハギを楽しみつつ餌木を放ったり
ナブラが立ったらメタルジグを放るのもOK。
仲間同士でワイワイ楽しむのには最適です。
なお、貸し切りの場合、
料金は1人5500円です。

2006/10/6

2006/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中