川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

この秋注目のフィッシングカメラ!

この秋注目のフィッシングカメラ!

つり人編集部=写真と文

P9282507.JPG
あっ! デジカメが水没……

釣り雑誌の取材をしていると時には、こんな痛恨のミスを犯しかねない。
でも、自慢じゃあないけど、僕はこれまでカメラを水没させたことがない。
神津島の荒磯で高波に襲撃され、
同行者の釣り具がすべて流された時でも
僕は体を丸めてカメラを守った。
球磨川の荒瀬で流された時も
ウデを天に向かって伸ばし、カメラを水面に浸けなかった。

そんな僕がついにカメラを水没……。

と言ってもコレ、意図的な水没。
かつて(といっても数年前の話)デジカメの最大の弱点は水、
なんていわれていたけど
防水機能の付いたコンパクトデジカメが存在するのを
ご存知だろうか。
オリンパスのμ(ミュー)720SWだ。
名刺サイズでありながら
水中3m防水を可能にし、一躍脚光を浴びたのが今春。

そしてこの秋、満を持して後継機種の
μ725SWがリリースされることになった。
防水は5m、さらに1・5mの耐衝撃構造。

こんなデジカメが欲しかった!

しかも710万画素なので
雑誌のカラーページにも充分使えるハイクオリティの写真撮影が可能。
これは使ってみるっきゃないというわけで
オリンパスに無理を言って発売前のμ725SWを貸していただいた。

P9280064.JPG
川の中の撮影も陸地の撮影と同様にシャッターを切るだけ

5m防水とは知りながらもμ725SWを川に沈めるのには
勇気が要った。
とりあえず、闇雲にシャッターを切ってみて
これまた一際大きな液晶モニターで撮影した画像をチェックすると
「写ってる! 写ってる!」

ハウジングや曇り止めなど、とても厄介だった
水中撮影が、いとも簡単にできてしまったのだった。
P9280107.JPG
魚の撮影だって全く問題ナシ。使用カメラはもちろんμ725SW

今後とも同機を使用した水中写真を
ばしばし載せる予定ですので乞うご期待!
P9282509.JPG
μ725SWの発売は11月下旬予定!










2006/10/19

2006/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中