毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

【訃報】磯釣り界のレジェンド柳下光康さん逝去

【訃報】磯釣り界のレジェンド柳下光康さん逝去

つり人編集部=写真と文




釣り人として、男として心から尊敬していた磯釣りの大ベテラン、
柳下光康さんが10月3日、闘病の末逝去されました。

本日、横浜市の一休庵久保山式場にて
告別式が行なわれ、多くの磯釣りファン、仕事関係者、ご親族の皆様が最後のお別れに集まりました。




柳下さんといえば
波濤砕ける荒磯から
25kg超のロウニンアジや20kg超のヒラマサ、10kg超のシマアジを釣りあげ
四十路を過ぎてからは
パワーゲームの先にある繊細な駆け引きのメジナ釣りに血道をあげ
以降、メジナ釣りのトーナメント界を牽引し
MFG(マルキューファングループ)や関東めじな研究会を長い間率いてきた
まさに磯釣り界のレジェンド。

私も入社間もない頃に薫陶を受け
釣りだけでなく、人間関係や仕事、家庭についてなど
さまざまなことを教わりました。

生前、柳下さんは
「釣りは遊びだよ。だから楽しいし、夢中になれるんだ」
とよく仰っていました。

釣りは高尚な趣味といわれる一方で
身上を食いつぶすほどの魔力を秘めています。

釣りに夢中になるあまり
仕事も家庭もそっちのけで、
気付いたらすべてを失っていたという笑えない話も少なくありません。

寡黙な柳下さんは決して多くを語りませんでしたが
釣りはあくまでも遊び。仕事と家庭はそれ以上に大事。
仕事をしっかりして、家族を大事にして、堂々と釣りを楽しむ。
ということだと、私は理解していました。

本日、告別式に列席させていただき
柳下さんが釣りと同じかそれ以上に
ご家庭とお仕事を大事にされていたのかがよくわかりました。










柳下さんとの思い出を探そうと
2004年のつり人11月号を見ていたら
「離島」をテーマにしたインタビュー記事がありました。
このブログの一番上の写真もその記事の中のものです。

記事の中に、柳下さんがこれまでに行った離島として
青ヶ島、ベヨネーズ、スミス、鳥島、ソウフ岩、小笠原ケーター列島、硫黄島、徳之島
久米島、トカラ、南大東島、西表島、奄美大島、グアム、サイパン、ロタ、銭洲
イナンバ、伊豆七島、草垣群島、甑島、屋久島、肥前鳥島、男女群島、種子島、沖の島
などを挙げていました。

おそらく、近年では神津島が最も好きだったと思われます。

柳下さん
生意気な編集者だった私にも親切に接してくださり
本当にありがとうございました。

黄泉の国でも、磯釣りを楽しんでください。

合掌。

(山根)

















2016/10/11

<< 2016/10 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中