毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

狩野川で尺上アユ! しかもオヤジが釣る。

狩野川で尺上アユ! しかもオヤジが釣る。

つり人編集部=写真と文

11月まで楽しめる東の横綱アユ河川といえば、狩野川ですね。


上の写真は9月下旬に撮った大仁周辺。釣り人は島啓悟さん。
震えるくらい寒い今日あたりは、秋の色どりもだいぶ深まっていると思います。

今期の狩野川は9月に入って調子が上向き
現在は納竿釣行に訪れる人でにぎわっているようす。

そんな10月26日、ワタクシのオヤジ様からメッセージが届きました。

「狩野川で尺アユ釣っちゃったよ~!」




サビっ錆びのオス。やせ気味で完全なる落ちモード。
いかにも終盤を告げる魚ではあります。が、たしかに尺上です!

メジャーが鼻先に合っていないものの
正確に測っても尺を超えていることは間違いなく
30.3cm以上はあるでしょう。
釣った時は31.7cmあったそうです。




重さは253.5g。

ポイントは狩野川の神島橋周辺の瀬肩。
水中イトは複合メタルの0.07号。
ヘロヘロに弱ったオトリにオモリを噛ませて送り出し
河底に馴染んで間もなく……。
トンという鈍い反応の後で一気に沖に走りました。
瀬の絞り込みに入ったら終わり。
オヤジは踏ん張り、メガトルクを思い切り曲げて寄せたそうです。

掛かったのは、この1尾のみ。

しかし有終の美を飾るには申し分のない
記憶に残る1尾となったようです。

団塊世代ど真ん中のオヤジは定年間際に「友釣りを覚えたい」と言い、
ワタクシはクラブに入ったほうが上達が早いと
平井幹二さんが会長を務める「相模友釣同好会」への入会をすすめました。
(実家は相模川が近所なのです)

そして退職後、オヤジの夏はアユ釣り一色。
週に3日はサオをだし、
還暦を過ぎてから毎日のように電話をしあえる仲の良い釣り友もできました。

アユ釣りクラブ入会のススメは
ワタクシがした唯一の親孝行だと思っています。

(サトウ)

2016/10/28

<< 2016/10 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年8月号

特集は「心も体も川に溶け込む夏遊び 最新! アユの清流案内」。今号ではソ上、放流、種苗、水況にいたるまで全国の有望アユ河川の最新情報をお届け。清流の爽快な思い出作りを徹底的にサポート。群れアユ攻略の「見釣りのテクニック」、渓流相のハリ合わせ、場荒れ河川で平均釣果を上げる「小澤聡のアユ釣り超思考法」などの技術力アップ記事も見逃せない。ビギナーでも楽しめるテナガエビ釣りは関東、関西のフィールドを紹介。100尾オーバーを目指す人向けに最近テクニックも公開している。そのほか、今が好機のシロギス釣り入門、腰越港出船のマダコ釣り、宮城県のマガレイ、南紀白浜の深海釣りなど旬の釣りを多数掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中