川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ワカサギファン待望のミニドーム船

ワカサギファン待望のミニドーム船

つり人編集部=写真と文

諏訪湖に続いて山中湖へ。
山中湖のワカサギ釣りも今やドーム船が主流。

今日もドーム船の取材である。
しかし、このドーム船、ちょっと小さい。
全長は3mに満たず、エンジンも2馬力である。
つまり、船舶免許がなくても
操船できるってワケ。

ワカサギファン待望のミニドーム船の名は
WAKASAGI DX
かの有名なマーキュリー社製である。
PB202984.jpg
ワカサギファン待望のミニドーム船「WAKASAGI DX」

PB200077.jpg
船室はこんな感じ。大人2人でもゆったりと楽しめる

詳しくは月刊つり人2月号(12月25日発売)
をご覧いただくとして、
今日実際に乗船して釣りをしてみた感想をストレートにいうと
「いいよ、コレ(=^_^=)」。

僕がワカサギ釣りで好きなのは、あのムードである。
ほのぼのとした中にも、微妙な魚との駆け引きがあり
仲間とワイワイでも楽しいし、ひとり黙々と数を重ねていくのも楽しい。

ところが、これからの厳寒期、山上湖の寒さは半端じゃない。
ドーム船や氷上テントの釣りならいざ知らず
凍てつく湖上に手漕ぎボートというのは一種の苦行に等しい。
何を隠そう、十数年前の1月、
粉雪ちらつく山中湖に付き合って間もない彼女を連れて行き
釣果1尾。
あまりの寒さと侘しさから彼女に泣かれた記憶が、今でも鮮明に残っている。

あのときにWAKASAGI DXがもしあったなら
僕の人生はひょっとして違っていたかもしれない…。

今日も午後は冷え込んだが
釣りをしているときは寒さを全く感じず
陸に上がってから
「う~寒ッ」
となったしだい。
このミニドーム船があれば
冬の間中、ワカサギ釣りを快適に楽しめるだろう。

PB200122.jpg
WAKASAGI DXの仕掛人のひとり、鈴木康友兄。免停中の僕を山中湖まで乗せていってくれ、モデルも引き受けてくれた。そうです、小社のシャチョーでございます( ̄。 ̄;)








2006/11/20

2006/11 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中