川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

天然アユを増やそう!

天然アユを増やそう!

つり人編集部=写真と文

11月18日、静岡県浜松市・遠鉄ホテルエンパイアにて
『天然アユを増やすと決めた漁協のシンポジウム 第1回 2006年天竜川大会』
が行なわれました。

遡上を妨げるダムや堰、冷水病、産卵に適した場所の減少……。
アユを取り巻く環境は、残念ながら悪化の一途をたどっているようにもみえる。
だが、そんな状況をなんとか改善し、天然のアユを守ろうとする人も少なくない。
今回のシンポジウムには、
思いを同じくする350人もの参加者が全国から集まりました。

参加者.jpg
多くの参加者が集まりました!

天竜川漁協の秋山雄司組合長の挨拶で幕を開けたシンポジウムでは、
関西学院大学教授の古川彰さん、
『たかはし河川生物調査事務所』所長の高橋勇夫さん、
天竜川漁協事務局長の井口明さん、
そして釣り人代表として大西満さんが講演を行ないました。

高橋さん.jpg
産卵床を造成するという高橋勇夫さんの話に
聴衆は興味津々


これまでアユが釣れればよいという考えのもと、
アユの資源保護は放流事業に頼ってきましたが、冷水病の蔓延などの問題もありました。
「生物学的にアユだったらええ、というものではない。日本のアユは??キャッチ&塩焼き?≠キるもんです」
と大西さんが話すように、
きれいな、美味しいアユが川にいてほしいというのが多くの釣り人の願いです。
??漁業保護から魚族保護へ?≠ニいう方向転換が行なわれつつある今、
天然アユを増やすためにどうすればよいのか。
河川環境の悪化によって減ってしまったアユの産卵床を造成する研究をし、
成果を上げている高橋勇夫さんの話に、会場に集まった人たちは熱心に聞き入っていました。

翌日には参加者が天竜川のアユ産卵床造成現場を見学し、
石に産み付けられた卵を観察しました。
アユ卵.jpg
アユの卵

造成現場は河口から16kmほどの地点。
大型のブルドーザー1台で、わずか1日の工事で完成したという産卵床では、
造成した翌日から産卵が始まったといいます。
小石に付いた卵を、まるで宝石を見るように見つめる参加者。
その情熱が、全国の天然アユを守り、育んでくれるはず。
かつてのように、川に??踏むほど?<Aユがいる日が、いつかは来るのかもしれない。

2006/11/29

2006/11 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中