川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

百発百中!?

百発百中!?

つり人編集部=写真と文

すっかりブログ更新をサボってしまい
エントリー方法も忘れかけていましたが
07年の初取材に行ってきましたので久々に書き込みます。

07年はいきなりハードなスタートでした。
なんと昼夜のダブルヘッダーです。

まずは朝から西伊豆の沖堤でヤエン取材。
ヤエンの釣りはとにかく面白いです。
市販品を使ってもあれだけ面白いのですから
自作を始めたら大変です。

まさにアオリイカとの知恵比べ。
手先が不器用で知能もイカ以下のワタシには
まず無理な代物ですが……。

今回、新作ヤエンを引っさげて登場していただいのは
Kヤエンの製作者である小林直樹さんと
マツバヤエンの製作者である赤澤正さん。

で、この2人に思いきっり影響を与えたのが
06年春に発売した『アオリイカ地獄?X』の巻頭を飾った
橋本さんのヤエンです。

07011801.gif
これが橋本さんのヤエン。沖掛けを可能にしたA-RBランローラーヤエンをさらに進化させ、アジに到達すると前折れして掛けバリが跳ね上がり、折りたたむことで本体のたわみがなくなるのでバラシも減るという一級品

作用、反作用、テコの原理……。
橋本さんのヤエンに負けじと作られたのが
小林さんの新作ヤエン。

07011802.gif
掛けバリが下からではなく上から覆い被さってくるのはKヤエンゆずりながら、ヤエンがアジに到達すると真ん中のバランサーが跳ね上がり、その反作用と掛けバリが降りてくるというもの

伊豆や三浦で人気が高く、
最近では関西からの需要も高まっているという
マツバヤエンの製作者である赤澤さんの新作ヤエンは
こんな感じ……。

07011803.gif
ウエイトの下にリップを設け、グイグイと寄せるとリップが水の抵抗を受けて下がり、その反作用で松葉状の上の掛けバリが跳ね上がり、アオリイカの身に食い込むという

本当によくもまあ、いろいろなアイデアが浮かぶものです。
そして、結果はどうなったでしょうか。
百発百中ヤエンの登場でしょうか。それとも……。
このもようは2月25日発売の月刊つり人4月号にて紹介いたします。

2007/1/18

2007/1 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中