川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

上には上がいる

上には上がいる

つり人編集部=写真と文

11時の開店とともに銀座東作へ。

和竿作りである。
僕が作っているのはクロダイのヘチザオ。
丸節の印籠継ぎ。

夏までには仕上げてクロダイを釣りあげる
つもりでいたのだが、このままでは危うく
なってきたので、休日返上である。

僕が支度を済ませると同時に兄弟子の松川さんがやってきた。
松川さんは一昨年から東作の竿作り教室に通い始め
すでに16本もの和竿を仕上げたという。
東作店主であり先生でもある松本和彦さんいわく
十数名いる生徒の中でも、1,2を争う腕前だという。

現在は布袋竹のヘチザオと6本継ぎのコンパクト和竿
を同時製作中なのだが、これが見事な出来栄えで、
素人の目にはベテランの江戸和竿師の作品と
見分けがつかないほどである。
matsukawa.jpg
頼りがいのある兄弟子、松川さん

うれしいことに、月刊つり人の愛読者でもある。
先生が接客中のときなどは
僕は松川さんにアドバイスをいただいている。

さて、今日は日本橋三越で開催されている
伝統工芸品展の最終日である。
桶、箪笥、着物、刃物といった
伝統工芸の職人さんが実演を交えて
お客の質問に懇切丁寧に答えてくれるのだ。

その中に江戸和竿コーナーもあるので
僕は和竿作りが一段落したら足を運ぶつもりでいた。
すると、兄弟子も行くというのでご一緒させていただいた。
wasao.jpg
伝統工芸品展に展示されていた江戸和竿

銀座から歩いて15分ほどで日本橋三越である。
江戸和竿コーナーでは竿しばさんが実演していた。
竿しばさんは現在発売中の月刊つり人4月号
にも登場していただいており、
うれしいことに、月刊つり人4月号を
実演台の横に置いてくれている。
「いやいや、三越の本屋では売り切れたというので
八重洲まで買いに行かせたんですよ(*^_^*)」
と竿しばさん。

ありがとうございます!!

竿しばさんは新小岩で竿しば釣具店を営んでおり
荒川でテナガエビやハゼを釣る際などに
何度か立ち寄らせていただいている。
とても気さくで温かい職人さんである。
saosiba.jpg
和竿作りの実演をする竿しばさん

それにしても。
世の中、上には上がいるというが、
江戸和竿の職人が仕上げた和竿は
やはり別物である。
松川さんも並べられた和竿にしばし釘付け。

僕などはただその出来栄えに感動し、
値札を見てはそろばんをはじくだけなのだが、
兄弟子は塗りや仕上げ方をじっくり見ては
脳裏に焼き付けているようである。

僕も兄弟子を見習ってもっともっと真剣に
和竿作りに励もうと心を新たにしたしだい。










2007/2/25

2007/2 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中