川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

上には上がいる

上には上がいる

つり人編集部=写真と文

11時の開店とともに銀座東作へ。

和竿作りである。
僕が作っているのはクロダイのヘチザオ。
丸節の印籠継ぎ。

夏までには仕上げてクロダイを釣りあげる
つもりでいたのだが、このままでは危うく
なってきたので、休日返上である。

僕が支度を済ませると同時に兄弟子の松川さんがやってきた。
松川さんは一昨年から東作の竿作り教室に通い始め
すでに16本もの和竿を仕上げたという。
東作店主であり先生でもある松本和彦さんいわく
十数名いる生徒の中でも、1,2を争う腕前だという。

現在は布袋竹のヘチザオと6本継ぎのコンパクト和竿
を同時製作中なのだが、これが見事な出来栄えで、
素人の目にはベテランの江戸和竿師の作品と
見分けがつかないほどである。
matsukawa.jpg
頼りがいのある兄弟子、松川さん

うれしいことに、月刊つり人の愛読者でもある。
先生が接客中のときなどは
僕は松川さんにアドバイスをいただいている。

さて、今日は日本橋三越で開催されている
伝統工芸品展の最終日である。
桶、箪笥、着物、刃物といった
伝統工芸の職人さんが実演を交えて
お客の質問に懇切丁寧に答えてくれるのだ。

その中に江戸和竿コーナーもあるので
僕は和竿作りが一段落したら足を運ぶつもりでいた。
すると、兄弟子も行くというのでご一緒させていただいた。
wasao.jpg
伝統工芸品展に展示されていた江戸和竿

銀座から歩いて15分ほどで日本橋三越である。
江戸和竿コーナーでは竿しばさんが実演していた。
竿しばさんは現在発売中の月刊つり人4月号
にも登場していただいており、
うれしいことに、月刊つり人4月号を
実演台の横に置いてくれている。
「いやいや、三越の本屋では売り切れたというので
八重洲まで買いに行かせたんですよ(*^_^*)」
と竿しばさん。

ありがとうございます!!

竿しばさんは新小岩で竿しば釣具店を営んでおり
荒川でテナガエビやハゼを釣る際などに
何度か立ち寄らせていただいている。
とても気さくで温かい職人さんである。
saosiba.jpg
和竿作りの実演をする竿しばさん

それにしても。
世の中、上には上がいるというが、
江戸和竿の職人が仕上げた和竿は
やはり別物である。
松川さんも並べられた和竿にしばし釘付け。

僕などはただその出来栄えに感動し、
値札を見てはそろばんをはじくだけなのだが、
兄弟子は塗りや仕上げ方をじっくり見ては
脳裏に焼き付けているようである。

僕も兄弟子を見習ってもっともっと真剣に
和竿作りに励もうと心を新たにしたしだい。










2007/2/25

2007/2 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中