毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アオリイカ地獄?Y 3月26日発売!

アオリイカ地獄?Y 3月26日発売!

つり人編集部=写真と文

久しぶりの更新が宣伝というのもなんですが
今朝、ようやく別冊『アオリイカ地獄?Y』を校了しました!
3月26日に店頭に並びますので
ぜひ手に取ってご覧ください。

070316.jpg
全162ページ中、154ページがカラーという豪華さです!

第1特集は
西で東で墨まみれ! アオリ旅へGO!

関和学さんと沖田護さんというバスコンビが旅した千葉県館山湾
男鹿の番人こと伊藤弘基さんが秋イカを釣りまくった山形県飛島
東北アングラーが夢の3?sオーバーを手にした東京都神津島
1航海で1週間は必要という非日常感がたまらない東京都小笠原父島
破天荒エギンガー笛木展雄さんがアオリ以外にも釣りまくりの長崎県対馬
磯釣りマン垂涎の原始の磯でアオリイカをねらった長崎県五島列島福江島
松岡豪之さんが愛してやまない鹿児島県上甑島、中甑島
弓削和夫さん、コヂコヂなど濃いメンツが野宿を楽しむ鹿児島県下甑島
小さな島に漁港がひとつあるだけという素朴さが魅力の高知県柏島

とまあ、どこもかしこも魅力いっぱいの癒しのアオリ旅をご紹介いたします!

でもって第2特集は
07年に一斉開花するキーワードを読み解く
こだわりの ヒト モノ バショ テク

と題し、一転してかなりとんがった内容をお届けします。

トップを飾るのは、ご存知・大塚貴汪さん
餌木とともに三十余年……。
ショアから生まれたTO学の意外な真実

ヤマラッピこと山田裕史さんが初公開するニューテク
潮流を味方につけるFとT
バックドリフトというバックステージパス

佐々木洋三さんと新保明弘さんが飛びを語る
東西の飛ばし屋が認めた
インナーガイドロッド

ロケッティアというニューウエポンに迫る
驚異のぶっ飛び弾道ロケット
即座に遠投力を手に入れるひとつの方法

メジャークラフトのニューロングロッドで大型を炸裂した
飛びで真冬に春を先取り
乗っ込む前から大型ラッシュ!

手作りの薩摩餌木で錦江湾の大型に挑む
薩摩に若き匠あり
木と布の温もりにこだわる西田餌木

ガンクラフト・餌木邪の本質に迫る
骨太の美学
紀ノ国のバイオレンススタイル

大伴渓児さんが魅せるテクと遊び心
遊びの達人
BOSSが選んだTrad Bamboo

縦の動きに特化したエギ王JPが大活躍
ダートはいらない、高さがほしい
乗る遺伝子を受け継いだハイジャンパー

真鶴半島で野呂昌明さん解説
PEラインとの使い分けで「静」「動」自在
ナイロンラインの夜釣りは過去の遺物に非ず!

伊豆半島の名手・吉竹勝さんが語る
心はいつも伊豆半島
惚れ込んだ聖地に手は抜かない

日中エギングの開祖が進化する乱舞を披露
ランエボに死角なし
超タフコンディションで見せた底力

4?s超も登場した島根半島の春
本州・日本海でモンスターハンティング!
弓削和夫を本気にさせる半島

視覚、嗅覚の次は聴覚!
SOUND MAGIC!!
聴覚を刺激する第3のスイッチとは

ビッグスクイッドハンター中島康郁の本懐
伊豆の名手が房総へ
接岸を躊躇するイカに出会う秘策

ロングステイの新しいアプローチ
ゼロ餌木、夜明け前
ロングステイというひとつの引き出し
ロッドデザイナー島津靖雄さんが語る理想のエギングロッド
ロッドは曲がることで機能する
エギングシーンに一石を投じるテーパー&デザイン


このほかにも
日本海北部のアオリイカの秘密に迫る記事など
興味深い記事が盛りだくさん!

カラーページがこんなに増えても定価は据え置きの1300円。
07年のアオリイカシーンはこの1冊ですべて網羅しています。
そして07年のアオリイカシーンはこの1冊を読むことから始まります。


2007/3/16

2007/3 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中