川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

バチ抜けが始まる!

バチ抜けが始まる!

つり人編集部=写真と文

そろそろ個人的にヒジョーに気になるのが
湾奥ベイエリアのバチ抜けシーバスです。

ちょうどこのブログを始めた昨年の今頃も
夜な夜なバチ抜けシーバスに出掛けたことを書き込んでいることからも分かるとおり
この時期に外せない「シーバス祭り」と化しているのです。

しかも、月刊つり人5月号ではバチ抜けシーバスを大特集!
バチ抜けパターンのエキスパート3人による実釣解説のほか
横浜国立大学の西栄二郎助教授によるバチ解説も必見です。

0703201.jpg
これが本来のバチ抜けであるイトメの生殖活動(写真提供=西助教授)

そもそもバチ抜けってナニ?
というアナタも、西先生の解説を読めばバチ博士になれます。
写真を見て、「あれ、このバチ抜けは東京湾のとは少し違う……」
と思ったアナタは鋭いです。
春の湾奥で盛んにバチ抜けするのは主にカワゴカイですが
これは晩秋に河口で抜けるイトメのバチ抜けなのです。

いずれにしても水面いっぱいにこんなご馳走が
ウネウネとしている状況はシーバスにとって年に一度の大食い祭りなのです。

では、どうすればバチ抜け時にシーバスを釣れるようになるのか。
それは大野ゆうきさん、荻野貴生さん、渡邉長士さんが手の内を明かしてくれています。

0703202.jpg
大野さんはバチ抜けと同様に重要な「アミパターン」も解説

知っているようで知らないバチの世界。
ベイエリアではこれからピークを迎えます。
ぜひ、年に1度のお祭りにご参加ください。
そして、釣り場に行く前に、ぜひ『つり人5月号』をご覧ください。
この時期特有の釣り方がきっと身につくはずです。


2007/3/21

2007/3 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中