川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

バチ抜けが始まる!

バチ抜けが始まる!

つり人編集部=写真と文

そろそろ個人的にヒジョーに気になるのが
湾奥ベイエリアのバチ抜けシーバスです。

ちょうどこのブログを始めた昨年の今頃も
夜な夜なバチ抜けシーバスに出掛けたことを書き込んでいることからも分かるとおり
この時期に外せない「シーバス祭り」と化しているのです。

しかも、月刊つり人5月号ではバチ抜けシーバスを大特集!
バチ抜けパターンのエキスパート3人による実釣解説のほか
横浜国立大学の西栄二郎助教授によるバチ解説も必見です。

0703201.jpg
これが本来のバチ抜けであるイトメの生殖活動(写真提供=西助教授)

そもそもバチ抜けってナニ?
というアナタも、西先生の解説を読めばバチ博士になれます。
写真を見て、「あれ、このバチ抜けは東京湾のとは少し違う……」
と思ったアナタは鋭いです。
春の湾奥で盛んにバチ抜けするのは主にカワゴカイですが
これは晩秋に河口で抜けるイトメのバチ抜けなのです。

いずれにしても水面いっぱいにこんなご馳走が
ウネウネとしている状況はシーバスにとって年に一度の大食い祭りなのです。

では、どうすればバチ抜け時にシーバスを釣れるようになるのか。
それは大野ゆうきさん、荻野貴生さん、渡邉長士さんが手の内を明かしてくれています。

0703202.jpg
大野さんはバチ抜けと同様に重要な「アミパターン」も解説

知っているようで知らないバチの世界。
ベイエリアではこれからピークを迎えます。
ぜひ、年に1度のお祭りにご参加ください。
そして、釣り場に行く前に、ぜひ『つり人5月号』をご覧ください。
この時期特有の釣り方がきっと身につくはずです。


2007/3/21

2007/3 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中