毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾の海中では春メバルが満開!

東京湾の海中では春メバルが満開!

つり人編集部=写真と文

街を歩いていると、ちょっと汗ばむくらいの陽気。
春本番で、海でも山でも魚たちの活性があがっているようす。

つい先日は、春を告げる魚と書く
メバル釣り取材へ。
長崎屋.jpg
今回お世話になったのは、長崎屋さんでした

取材当日はちょっと寒く、大丈夫かな? と思いましたが、
さすがは大塚貴汪さん。
次々と良型のメバルをあげ、クーラーボックスはすぐに一杯に。

春告魚.jpg
どうです、このぷっくりしたお腹の春告魚ちゃん!
今夜の晩餐を考え、ついついヨダレが…


ほかの人よりも、ちょっと短めのサオをチョイスした大塚さんでしたが、
見ているとそのほうが断然使いやすそうでした。
ちなみにモデルはダイワの『アナリスター メバル 240』。
普通はグーッとサオが絞り込まれ、向こうアワセで掛かるメバルですが、
感度のよいこのロッドなら、その前に魚が軽くエサをくわえた感触も分かるとか。
「お、2尾目が来たね」
「今のは底に軽く当たった感触だな」
など、いろいろ解説していただくうちに、
僕もついつい欲しくなりました。
メバルの引き.jpg
これが『アナリスター メバル 240』。
メバルの強烈な引きには粘りのある胴が対応


そして帰りには、例のごとく大塚さんからメバルをいただき、
夕飯に刺身や煮付けにして食べました。
その味は……
いや、あまり書くと編集長が「なんで持って来ないんだよ!」
と怒り出すので、ここでは書かないほうがいいか……。

ちなみに月刊つり人に掲載されている
大塚さんの連載『沖釣り応援団』は、4月25日発売の
6月号、このメバル釣り指南で最終回。
「ええっ! なんで!?」
と思う沖釣りファンもいらっしゃるかと思いますが、
ご安心を。
7月号からはリニューアルし、
大塚さんの、より中身の濃いテクニック解説を
掲載する予定。
最初はマダイの予定ですので、
ご期待ください!



2007/4/14

2007/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中