川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

多摩川の野生アユ

多摩川の野生アユ

つり人編集部=写真と文

現在、発売中の月刊つり人7月号
多摩川の天然アユのソ上がすごいと緊急レポートしている。
ソ上調査の取材に行った編集部の真野も
その凄さに普段はゴルゴ13のような冷徹な瞳を少年のように輝かせていた。

蛇足ながら真野はタガメの研究に青春時代を費やし、
それでも飽き足らずタガメの研究をするために
大学院にまで行った虫キング。

そんな稀代の虫キングには及ばないが
僕も子どもの頃は生き物が好きで
特にカマキリ、ザリガニ、カエル、カブト、クワガタ
には目がなかった。
もちろん釣りも好きで、
小学生の頃のホームグラウンドは
ほかでもない多摩川だった。

6月25日発売の月刊つり人8月号の取材で
多摩川の稲田堤周辺へ。
昔は上河原堰下のトロ場でコイのブッ込み釣りをよくしたが
その下の瀬でアユ釣りができるのだとか。
本当か!?

006ab.jpg
こうやって見ると多摩川じゃないみたい(◎-◎;)

015ab.jpg
昼前には生田小学校の子どもたちが下流でゴミ拾いに精を出した

地元代表として日本友釣同好会の蟹沢さん
多摩川の川崎漁協組合員の山崎さん
お隣の相模川から相模同好会の平井さん、小泉さん、小室さん
総勢5名でサオをだした。

結果は…?

スッスゴすぎる~(◎0◎;)

平井さんにいたっては2時間で24尾。
それも撮影しながらである。

昔、コイ釣りをしていると
洗剤の泡がプカプカ浮いていて
イヤ~な気分にさせられたあの川で、
よもや天然アユの入れ掛かりを目にするとは。

多摩川に群れ上る野生アユの詳細は
今月25日発売の月刊つり人8月号でどうぞ!












2007/6/6

2007/6 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中