川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

満員電車に揺られる釣り人のために

満員電車に揺られる釣り人のために

つり人編集部=写真と文
読書の秋。
したがって、釣りの本を紹介。

今月25日発売の月刊つり人に掲載される、
『釣りを愛する男たちが選ぶ この一冊』というページ。
いたって単純な発想でスタートしたかに見えた(事実?)企画ですが、
いろいろな人に思い出に残る一冊を聞いてみると、
面白い本が出てきました。

アユ釣り名手として知られ、“闘将”と呼ばれる村田満さんに聞いてみると、
「『釣百科』という本との出会いがなければ、今日の自分はありません」
とのこと。
昭和26年に大泉書店から発行された本ですが、
銅線を使った友釣りの記述などがあり、
これなどは現在のメタルラインの釣りにも通ずるものがあるようです。
釣百科.jpg

さらに。
『11PM』などで活躍し、“名人”の愛称で親しまれた服部善郎さんに聞くと、
「やっぱり『釣技百科』ですね。これに尽きます」
と断言。
釣技百科.jpg

調べてみると、この2冊は同じ著者。
松崎明治という人が書いたもので、
『釣百科』のほうは佐藤垢石・補と書かれていました。

『釣技百科』はかなり分厚い本で、
『釣百科』はそれを元に加筆・修正し、コンパクト版にしたという感じの体裁です。
内容にも違いはあると思いますが、
いずれにせよ川と海、両方の名手から絶賛されているこの本、気になります。

復刻版も出ており、また9月18日のこのブログに出ている
『鳥海書房』には
3000冊近い釣り関係の本があるので、
捜してみればありそうです。
僕も手に入れて、通勤電車の中で読んでみようかな。(真野)




2007/9/20

2007/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中