毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

伝説のホストがイシダイ釣り!?

伝説のホストがイシダイ釣り!?

つり人編集部=写真と文
ポイント磯クラブの例会で
西伊豆雲見へ。
sabane.jpg
雲見の一級磯「サバ根」。イシダイ、メジナ、イサキ、マダイなどがねらえる

ポイント磯クラブは全磯連に加盟する老舗クラブで
メンバーは皆、個性派ぞろい。
アントニオ猪木の元マネージャーがいれば、
伝説のホストがいれば
日本を代表する企業に勤めるエリートや
官僚、警察官、コックさんなどメンバーの職業もさまざま。
takao.jpg
武田軍を彷彿させる真っ赤なコスチュームがよく似合う高尾会長

会長の高尾敏さんは人形美術家としてその方面では広く知られた人。
ユーモアとバイタリティーあふれる熱血イシダイマン。
会長とは30年来の付き合いという千葉哲也さんは
新宿のホストクラブ「愛」で15年間ナンバーワンの座に輝いた
伝説のホストとして、テレビなどにもよく出演している。
tibasan.jpg
還暦を過ぎ、なお現役のホストという千葉さんも筋金入りのイシダイ師

さて、昨日は水温が急激に下がったためか
イシダイの活性もいまひとつのようで
場所によってはエサ取りのアタリすらない。
そんななか、
千葉さんが最後の最後で本命を釣り上げた。
イシダイ歴40年のキャリアは伊達ではない!
chibasanniko.jpg
いいつり」動画で伝説のホストが磯の王者の魅力を語っています

(山根)

2007/10/15

2007/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中