川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

シイラ料理/基本的なさばき方と料理の下ごしらえ

さばいた後は塩を振りかけて少し身を寝かせる

つり人編集部=写真と文

陸っぱりやオフショアのゲームフィッシングの好敵手であるシイラ。
鮮やかな体色と厳つい顔付きから「食べて美味しいの~?」といぶかる人が意外に多い。
だが、その身はクセのない淡泊な味わいで上品。
さらに、さまざまな料理にマッチする相性のよさも持ち合わせている。そんな激ウマシイラ料理をご紹介。


この記事は『つり人』2016年9月号に掲載したものを再編集しています。


108-111shiira_ryouri_cs6 (30) 胸ビレに沿って頭を切り落とす


108-111shiira_ryouri_cs6 (31) 中骨の上をなでるように身をはがし、中骨主骨まで深く切れ込みを入れていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (32) 腹側に続いて、背側も同じ要領で中骨主骨まで切れ込みを入れる


108-111shiira_ryouri_cs6 (33) 包丁の切っ先を使って、中骨主骨と腹骨の接合部の軟骨を切り離して、片身を切り取る


108-111shiira_ryouri_cs6 (34) 反対側の身も同じ要領でおろせば三枚おろしのできあがり


108-111shiira_ryouri_cs6 (35) 尾の付け根に包丁で切れ込みを入れ、皮を引いていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (36) 中骨を骨抜きで抜いていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (37) 料理に合わせて身を切り分けていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (38) 臭みを消すためと、余計な水分を抜くために塩を振りかけて少し身を寝かせる。水気が出て来るので、キッチンペーパーで拭き取る


2017/7/25

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中