毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

シイラ料理/ムニエルのカポナータソース添え

ふっくらシイラとソースの絶妙コンビ

つり人編集部=写真と文
108-111shiira_ryouri_cs6 (25)
陸っぱりやオフショアのゲームフィッシングの好敵手であるシイラ。
鮮やかな体色と厳つい顔付きから「食べて美味しいの~?」といぶかる人が意外に多い。
だが、その身はクセのない淡泊な味わいで上品。
さらに、さまざまな料理にマッチする相性のよさも持ち合わせている。そんな激ウマシイラ料理をご紹介。


この記事は『つり人』2016年9月号に掲載したものを再編集しています。

ムニエルのカポナータソース添え

材料

 
シイラ
漬けダレ
・醤油大さじ1
・白ワイン大さじ1
・ニンニク1個(すりおろす)
バター
オリーブオイル
薄力粉
カポナータ
・ニンニク 2片
・タマネギ1個
・赤パプリカ 1個
・ズッキーニ 1本
・ナス 3 本(油で揚げておく)
・トマト1個(種を取っておく)
オレガノ大1
ローリエ1枚
トマトピューレ(90cc、オリーブオイル適量、塩コショウを混ぜ合わせて煮込む。野菜は5mm角にカット)

ワンポイントアドバイス
ムニエルはバターを多めに使って、油で煮るイメージで作ると上手くいきます


108-111shiira_ryouri_cs6 (21) 塩をふり、10分ほど寝かせ、水気を拭き取ったシイラを15分ほどタレに漬ける


108-111shiira_ryouri_cs6 (22) 余分な漬けダレはキッチンペーパーで取り除く


108-111shiira_ryouri_cs6 (23) 薄力粉にまぶす


108-111shiira_ryouri_cs6 (24) 熱したフライパンにバター、オリーブオイルを敷き、焼いていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (26) 軽く焦げ目が付くまでじっくり焼く


108-111shiira_ryouri_cs6 (27) カポナータをかけて完成

2017/7/25

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中