川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

闇夜の地磯で蠢く男の正体

闇夜の地磯で蠢く男の正体

つり人編集部=写真と文
かれこれ10年ほど前の
今夜のようにビミョーに涼しい夏の夜のことである。

その夜、僕は友人らと3人で三浦半島へ釣りに行った。
ねらいはクロダイである。


夜の海辺はこんなのが…(水辺の怪談最恐伝説より転載)

夕マヅメから朝マヅメまで徹底的にやると
気合が入りまくっていた僕は
コマセをしこたま持って行った。

場所は毘沙門の磯である。

あいにくと東風がそよそよと吹いていた。
「東風(コチ)が吹くとクロダイは釣れない」
という言い伝えが三浦や房総にはある。

しかし、その日は闇夜だった。
アオリイカやヤリイカなどイカ類はたいがい月夜がいいが
魚はもっぱら闇夜のほうが上がる。

夕マヅメは何事もなく過ぎた。

毘沙門の磯は漆黒の闇に包まれ
すぐ隣でサオをだしている友人の姿すらよく見えない。

闇の中にポツンと浮かぶ赤い光を凝視するが
ネンブツダイやゴンズイのアタリすらない。

そろそろ日付が変わろうかというころ
あろうことか友人2人が
「釣れないから帰る」
と言い出した。

こちらはコマセをたっぷりと持参している。

「あっそう、俺は朝までやるよ」

怒り気味に言ってみたものの
友人2人は本当に帰ってしまった。

それまでは何とも感じなかったが
ひとりになると闇夜の地磯は不気味である。
辺りには誰もいない。
時折、東風が吹いて背後の草木がそよぐと
サワサワと音を立て
今にも誰かが飛び出してきそうな気がする。

一度、そう思ってしまうと
釣りに集中できず
やむなく撤収することにした。

ヘッドライトの灯りを頼りに
波打ち際を注意深く歩いて駐車場に戻る。
すると、前方にヘッドライトの灯りがひとつ揺れるのが見えた。

釣り人だろう。
ホッとして
その灯りのほうへ歩いて行き
「釣れましたか~」
と声をかけた。

仕掛けでも作っているのか
灯りは小刻みに動くものの
返事はない。

さらに近付いて声をかけるも
やはり返事はない。

2~3mまで近づいてみて
ようやく人のシルエットが
漆黒の闇に浮かび上がった。

「釣れますか~」

その人は真っ黒だった。
正確には黒い衣類をまとっていた。
それはウエットスーツらしかった。

下を向き大きな網袋をガサガサやっていた。

僕のヘッドライトがその網袋を照らすと
ようやく男は僕のほうを向いた。

「密漁だよ! なんかあっか?」

凄みのきいた声で男は一言だけ発した。
僕のヘッドライトの灯りに浮かび上がったのは
「仁義なき戦い」に出てくる
若かりし頃の松方弘樹のような
ギョロ目を向いた極悪人の顔だった。

ヒエ~ッ!!!

それ以来
夜釣りで出会った釣り人に釣果を聞くことができないでいる…
(山根)


本当にコワイ話はコチラをどうぞ

2008/8/27

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中