毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

マブナ釣り/千葉県大網白里市・小中川

駅を挟んで上下流で違う表情を見せるマブナ釣り場

坂本和久◎文・写真
kanto (3) 駅上流は川幅が2~4mで両岸がボサに覆われている

坂本和久
昭和38年生まれ。東京都中野区在住。東京ハゼ釣研究会所属。息子に釣りの楽しさを伝承中のサンデーアングラー。秋は釣りのターゲットがたくさんあって迷ってしまう。もちろん、マブナが中心ではあるが……

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。


電車釣行派にもおすすめ


JR外房線・東金線大網駅を降りると、目の前を小中川が流れている。僕が約15年通っているマブナ釣り場だ。交通の便も大変よく、電車釣行派、マイカー派ともに満足してもらえるだろう。小中川の釣り場は大きく分けて大網駅上流と下流に分かれる。駅上流は川幅2~4mで両岸がボサで覆われた雰囲気満点の釣り場。駅から上流に向かって県道20号までは左岸側からサオをだす。両岸のボサの際ねらいが中心。反転流ができていたら必ず仕掛けを入れたいポイントだ。水深が少しでも深くなっていたらなおよい。

県道20号周辺はクランクになっていて、橋の陰や水門周辺、落ち込みの上手がねらいめ。県道20号と並行する流れも対岸のボサの際がねらいめだ。ここは左岸側に県道20号があるので右岸から釣りをする。

駅下流は数年前の河川工事で護岸され、両岸を高さ1mほどのフェンスで囲まれてしまったうえに、川幅は5m近くあり、フェンス越しに釣りをしなければならない。大網駅前橋から下流の寄合橋までの間がポイント。特に大網駅前橋周辺の魚影は濃く、場所によってはヒラを打つマブナが見える。アシが生えている場所もあるので、アシによって流れが緩くなっていたり、深くなっていたりしたら好ポイントだ。

大網駅前橋下流左岸の排水パイプ下も少しえぐれているので、マブナが集まるポイントだ。駅下流は、道路からのフェンス越しの釣りになるので通行人に注意をして釣りをしてほしい。

水深は30~50㎝。釣れるマブナのサイズは10~15㎝が中心だが、時には25㎝を超えるサイズも釣れるので油断できない。

少人数でゆったり楽しもう


タックルは、駅上流ならば渓流ザオ3m。下流は4mが必要になる。ミチイト0・6号をサオいっぱいに取り、シモリウキ00号を6~7個通し、ガン玉5~6号でバランスを取る。ハリは袖3号、ハリス0・4号を5㎝取る。上バリ下バリの2本バリ仕掛けが有効。エサはアカムシを使用している。エサのアカムシは3~4匹付けたほうがアピール力は高い。9月中旬、友人3人と試釣してきた。小雨の降る中、朝1時間ほどの釣りであったがそれぞれ3~5尾の釣果であった。最大は18㎝。広い釣り場ではないので大勢での釣りには向かないが、少人数なら充分楽しめるだろう。

kanto (4) 足場が高いポイントもある。4mほどのサオも用意しておきたい

kanto (5) 釣れるマブナは10~15㎝が中心だが、20㎝クラスも掛かる

交通●電車はJR外房線・東金線大網駅下車。車は千葉東金道路・山田ICで下り、県道83号を大網駅方面へ。駅周辺にコインパーキングがたくさんある

2017/10/26

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中