毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

マブナ釣り/埼玉県越谷市・出羽堀 

晩秋に柿の種と戯れる

レポート◎坂本和久
kanto_kinko (1) 出羽堀ではフェンス越しにサオをだす

レポート◎坂本和久
昭和38年生まれ。東京都中野区在住。東京ハゼ釣研究会所属。息子に釣りの楽しさを伝承中のサンデーアングラー。雨の多さに閉口しながらも、毎週釣りに出かけている。天気には恵まれないが、釣果には恵まれている(笑)

この記事は『つり人』2017年1月号に掲載したものを再編集しています。

釣期は12月第2週頃まで


今回紹介する埼玉県越谷市を流れる出羽堀は、末田用水の三ツ又堰から枝分かれした幅2mほどの水路。両岸を1mほどのフェンスで囲まれているが、釣りに支障はなく、今もなお小ブナの数は多い。地元の釣り人を中心に多くの釣り人が訪れている。

都心からも近いので、僕も毎秋2~3回訪れて釣りを楽しんでいる。魚影が濃い上に、ちょっと出かけて手軽に小ブナ釣りが楽しめるので、大変重宝している釣り場だ。

釣期は秋から初冬にかけて。最も遅く僕が釣果を得たのは12月第2週くらいまで。それ以降は気温や天候にもよるが、小ブナの顔を見ることが厳しくなるのでなるべく早めの釣行が望ましい。

釣り場は、三ツ又堰より出羽小手前までの約1.2㎞で、その先は暗きょになっている。ポイントの目安は、水路の落とし口や橋の陰、土管の下など。また底には障害物がけっこうあり、捨て石、タイヤ、パイプなどが沈んでいて、小ブナの隠れ家になっている。

また、小ブナのヒラ打ちを確認できることも多いので、それをねらうのも一手だ。出羽堀ではポイントを探り歩く釣りが楽しい。ねらったポイントに仕掛けを投入し、そこに小ブナがいれば釣れるはずだ。釣れる小ブナのサイズは4㎝サイズのミニから10㎝クラスのお兄ちゃんサイズまでと幅がある。

2本バリ仕掛けが有効


サオは小もの用もしくはマブナザオの2.4m。ミチイト0.4号をサオいっぱいに取り、軟質発泡シモリウキ0号を6~7個付けた数珠シモリ仕掛けでねらう。オモリバランスはガン玉5号でゆっくりと沈んで行く遅ジモリバランスにしている。ハリは袖1号を中心に、タナゴバリの新半月を持っていると万全だ。底に障害物があるが、上バリ、下バリを付けた2本バリ仕掛けが有効。1本バリに比べるとアタリも多く釣果に差が出ると思っている。エサはアカムシがよい。

10月中旬今年2度目の釣行では、2時間半の釣りで4~10㎝の小ブナを32尾。今年も小ブナが多いようだ。これから寒くなり、小ブナの食いは落ちてくるとは思うが、晩秋から初冬の小ブナ釣りを楽しんでほしい。釣り場はフェンス越しの釣りになり、場所によっては道路からの釣りになるところもあるので気をつけていただきたい。

kanto_kinko (2) 4~10cmの小ブナがターゲット

交通●車は東京方面よりR4バイパスを庄和町方面に走り、谷中交差点を左折して出羽小へ。電車は東武スカイツリーライン伊勢崎線・越谷駅下車。県民健康福祉村行きバスで終点下車


2017/11/24

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中