毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

メジナ釣り×温泉/静岡県南伊豆・高ん場

風光明媚な磯からメジナと勝負

髙橋環五朗◎レポート

この記事は『つり人』2017年2月号に掲載したものを再編集しています。

034-041onsen_guide_cs6 (18) 磯全体が赤茶色をしているため、正式には赤碕と呼ばれている


 伊豆半島の南伊豆にある須崎半島は、須崎御用邸やスイレンの群生が見られる爪木崎灯台で知られた景勝地である。この爪木崎のすぐ東側には、高ん場と呼ばれる広々とした地磯がある。磯全体が赤茶色をしているためか、正式には赤碕と呼ばれ、ロケーションも申し分ない釣り場だ。駐車場から10分あまりで入磯できる遊歩道は、ほとんどアップダウンがないため比較的楽。また、地形的に西風には強く、たとえ反対の北東風が吹いても逃げ場もある。

 ここでの釣りものは、クチブトメジナがメインとなるが、ポイントによっては30㎝クラスのオナガも顔を出す。しかも条件次第ではイサキも釣れる。おすすめのメジナポイントは、大別すると図中A~Dの4ヵ所で、右前方には爪木崎、左前方には天城山脈が見渡せ、どの釣り座も景観は抜群だ。

 まずAは北東に向いており、西風にはめっぽう強い。左側奥にはハナレ岩があり、潮位の低い時渡るか一気に飛び移るか、いずれかで渡ることができる。このハナレ岩からBの手前までの間には所々にポイントがあり、各サラシをねらってサオをだすようにする。特にハナレ寄りのワンドとそのすぐ右よりのサラシは40㎝前後の実積が高い。この付近を中心にねらってみるとよいだろう。水深はかなりあるので2ヒロくらいから探っていくといい。

 Bは先端部とその右側のワンドからサラシが出やすく、磯際やサラシの切れめがねらいめ。ワンドの中は水深が浅いので根掛かりに注意する。Cは全体的にやや足場が低く、サラシがよく出るポイント。ここでは、このサラシの中やサラシの切れ目を重点的にねらう。また、沖合に潮目ができるので、この潮目を直接ねらうのもよいだろう。B、Cともにウキ下は2ヒロほどでよいが、Cの磯際ねらいは根掛かりに注意すること。

 Dは南向きに位置する釣り座で、強い北風が吹いている時の逃げ場となる。沖には常に波に洗われている根があり、この根からの払い出しが影響してか、サラシが出ていることが多い。このサラシと足もと付近から払い出すサラシの当たった付近をねらうのがこのポイントのセオリー。クロダイもよく顔を出すポイントだ。

 例年12月~1月頃にかけては、水温があまり下がることはなく、好釣果を得ることが多い。釣果を得るにはやはりサラシと多少の波っ気が必要で、弱い北東風時かウネリの収まった日がねらいめ。また、Bを除くと釣り座が低く、ウネリのある時は注意すること。特に荷物などは流されないように高い所にまとめておこう。タックルについてだが、通常のウキフカセ仕掛けでOKだ。

034-041onsen_guide_cs6 (19) サラシの中やサラシの切れ目を重点的にねらいたい

町営踊り子温泉会館
℡0558・32・2626
034-041onsen_guide_cs6 (20)
 せっかく伊豆まで来たのだから釣りと温泉を楽しみたい人におすすめなのが、伊豆急行河津駅からバスで10分ほどの河津川沿いにある町営踊り子温泉会館。峰温泉を利用した純和風作りの日帰り温泉施設。大浴場、サウナ打たせ浴、泡風呂、露天風呂などがあり、休憩室や軽食コーナーも備えている。泉質はナトリウム塩化物温泉で、神経痛、筋肉痛、五十肩、消化器疾患、婦人病。疲労回復、皮膚病等の効能がある

住所●賀茂郡河津町峰457-1 
営業時間●10~21時 
料金●大人1000円、子ども500円
034-041onsen_guide_cs6 (4)
交通●東名高速道路・小田原厚木道路を経由してR135号を南下。下田市に向かい市内に入る手前の柿崎交差点を左折して爪木崎方向へ進む。爪木崎駐車場の手前を左折すると無料駐車場がある。ここから徒歩で約10分
問合先●ナカダ釣具店(℡0558・22・9915)



===

2017/12/25

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中