毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

4代目、5代目とともに

4代目、5代目とともに

つり人編集部=写真と文
釣り雑誌の編集長をしていると
物凄く釣りが上手なんだろうと
たまに勘違いされるのですが、
あくまでも釣り雑誌の編集を生業としているのであり
釣りのウデは三流です。

しかし、釣り雑誌の編集長の中には
名手と呼ばれる人たちから
一目置かれるウデ前を持った人もいます。



向って左は現・つり人社社長にして
月刊つり人4代目編集長の鈴木康友。
右は現・つり人社北海道支社長にして
月刊つり人5代目編集長の若杉隆。

入社当時から
ぼくはこの両者から
「釣りを舐めるんじゃねえぞ」
と散々怒鳴られ続け
月刊つり人の編集長になってからも
「バカ野郎、そんなことも分かってねえのか」
と、手厚い叱咤激励を頂戴しているしだいです。

昨夜は
数年ぶりに、3人で神田の街に繰り出しました。
鈴木は還暦を迎え
若杉も五十路を越えたので
もう昔のようなことにはなるまいと油断していたところ
どうして、どうして
10年前となんら変わりありません。

満席だった店内は
いつしか3人だけ。
「バカ野郎」
と言われるたびに
駆け出しの頃の新鮮な心持になるのでした。

月刊つり人は今年で創刊63年目。
我が国で最も歴史ある釣り雑誌です。
日本の釣り文化を育んできたこの雑誌を
次の世代に引き継ぐためにも
我、邁進あるのみ。

全国の釣り愛好家の皆様、
今後とも応援のほど、よろしくお願いします!!
(山根)






2009/7/25

<< 2009/7 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中