川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

あらしのよるに

あらしのよるに

つり人編集部=写真と文

今日は久しぶりの休み。
考えてみれば、
今月に入って初の休みである。

といってもカミさんは仕事に行ってしまったため
4歳の娘と家でふたりっきりである。
慣れない育児ほど疲れるものはない。

「そうじゃないでちょ、もっとちゃんとやって」
「だから、なんでそういうことするの、ダメでちょ」
「教えてあげるから、こっちおいで」

プリキュアだのミッフィーだののレクチャーを
子供から受けていると、頭がどうにかなりそうである。
このまま向こうのペースでやられたらかなわん。
そうだ、ビデオでも見せてやろう。

娘がリクエストしたのは「あらしのよるに」というアニメ。
見たことも聞いたこともないが
どうやら動物アニメらしい。

鬼のいぬ間に皿洗いを済ませ、新聞を読み
椅子に座って子供の視線の先を追う。
ガブという名のオオカミが
メイという名のヤギを油断させて
隙あらば食べてしまおうとしている。

フン、ありきたりの童話かな?
なんて思いつつも、
しばらくボケ~っと見ていると
だんだん物語りに引きこまれていった。
やがて釘付けに。

なんて切なくて美しい話なんだ。

途中、何度か目頭が熱くなり、
子供に見られぬよう、そっとティッシュを手にした。

映画が終わるとすぐに子供はおままごとを始めたが
僕はエンディングのテロップが出尽くすまで
椅子から立ち上がれなかった。

それにしても、あれは単なる子供向けの映画だったのか?
と疑問に思い、夜、調べてみると
やはりそうではなかった。
原作の「あらしのよるに」(きむらゆういち著/講談社刊)は
1994年に出版され
以来、子供から大人まで幅広い層に支持されているという。
小学校の教科書にも掲載され、
学校指定図書、図書館指定図書にも採用されているようだ。

アメリカやヨーロッパ、アジア各国でも
翻訳され、高い評価を得ているという。
となると、知らなかったのはオレくらいのもんか?

というわけで、家族が寝静まった深夜
最初からきちんと「あらしのよるに」
と向き合ってみよう。







2007/2/18

2007/2 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年9月号

特集は「やってみたい釣り、行ってみたい川、全部これでOK 夏の川釣り超入門!」。 どんよりとした梅雨が明ければ、いよいよ夏の日差し。最近は困った猛暑も多いが、ひんやりとした流れに浸り、川を棲み処とするたくさんの生きものと触れあえば、大人も子どもも分け隔てなく眩しい季節の一部になれる。テーマはずばり「川ガキに戻ろう!」。ちょっと乱暴なその呼び方には、忘れたくない溌剌さ、元気、夢中で遊び回る大切さが込められている。ターゲットはヤマメ、アマゴ、イワナ、アユ、カジカ、オイカワなど。そのほか、天然ソ上が好調な日本側のアユ釣り最新情報、読めばクールダウン間違いなしの水辺の怪談、釣りエサのひみつなどをお届け。 
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中