川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

たかが釣り、されど釣り。

たかが釣り、されど釣り。

つり人編集部=写真と文

先日、編集部の某新人クンと取材に行った。

取材といっても
編集者は基本的になんでも屋であり
取材によって、やることはまちまちだ。

その取材での新人クンの役割は
モデルと魚の調達だった。

釣りをしている最中
ぼくは離れた所にいたので現場は見てないが
新人クンが70センチクラスのスズキをバラしてしまったという。

釣りにバラシは付き物である。

もちろん、ぼくだってバラすときはある。

しかし、少なくとも仕事として釣りをしている以上
やっていいバラシと決してやってはいけないバラシがある。

なんと、新人クンは波打ち際でスズキにイトを切られて逃げられたという。

波打ち際まで寄せておいて
イトを切られて逃げられるとは、どういうことだ。

なぜ、ネットを用意していなかったのだ…
イトが傷ついている感触が当然、あったはずだ…
イトが傷ついているだろうはずなのに、なぜ強引に寄せた…
単なるケアレスミスではないか。

「いや~、あれはデカそうでしたね」
とニコニコ説明する新人クンを
海に叩き落とそうとするのを懸命に抑えた。

ぼくが駆け出しだったころ
当時の編集長とマダイ船に同船したときのことである。

幸先良くマダイらしき型ものがぼくにヒットしたが
途中の締め込みで、痛恨のバラシ。
仕掛けを回収すると
ハリスがチモトのあたりからスパッと切られていた。

それを見た編集長は
「お前の結びが甘かったんじゃねえか、どうやって結んだのか、今やってみろ」
と言われて、外掛け結びをやったところ
「そんな甘い結びだからハリが回っちまうんだよ、おまえは何でメシ食ってんだ!」
と、船から落とされそうな勢いで怒鳴られた。

結び方が甘かっただけで
なぜ、ここまで怒られなくてはならないのかといじけるよりも
釣りとは大の大人が、これほど真剣に取り組むものだったのか
とむしろ感動した。
その日から、ぼくが心を入れ替えたのは言うまでもない。

その後、アユ、メジナ、クロダイ、イシダイ、ヤマメ、サクラマスなどなど
いろいろなジャンルのエキスパートを取材する都度
いかに、みんな真剣に釣りに取り組んでいるのかを思い知った。

ぼくは、ベテランさんたちにかわいがられたが
それは多分、ぼくも釣りに対して真剣だったからではないか。

ネットも持たないでスズキを釣るようなスタンスだったら
ベテランさんたちが、ぼくに親身になってくれることはなかっただろう。

たかが釣り、されど釣りなのである。

(山根)




2010/7/4

<< 2010/7 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中