川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

つり人のルーツ

つり人のルーツ

つり人編集部=写真と文
今では、ごく一般的に「釣り人」という言葉が使われます。
「あそこに、釣り人いるね」
とか
「最近、釣り人が増えたね」
というように。

月刊つり人が創刊したのは昭和21年ですが、
それより以前は
「釣り人」という造語は存在しなかったようです。
「釣りをしている人」
とか
「釣り師」
というのが一般的だったようです。

それにしても
63年もの間、よく毎月釣り雑誌を出版してきたもんだと思います。
紙が不足していた戦後間もないころは
発売日が遅れたことも何度かあったようですが…。

創刊当初の書き手は
佐藤垢石はじめ井伏鱒二、森下雨村といった文豪などなど
イラスト類は岸波百草居や小杉放庵といった画家などなど。

スゴい人たちがこぞって誌面作りに協力してくれたわけですが
このことからも
当時の釣りは旦那衆のお遊びだったということがうかがい知れます。

ちなみに
なんと、あのレオナール藤田(Leonard Foujita)
が表紙の画を描いてくれたこともありました!


これが世界のレオナール藤田こと藤田嗣治の表紙

というわけで本日
770冊目の月刊つり人8月号が発売になりました。
全国のつり人の皆様
ご一読のほど、よろしくお願い申し上げます。

(山根)

2010/6/24

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年9月号

特集は「やってみたい釣り、行ってみたい川、全部これでOK 夏の川釣り超入門!」。 どんよりとした梅雨が明ければ、いよいよ夏の日差し。最近は困った猛暑も多いが、ひんやりとした流れに浸り、川を棲み処とするたくさんの生きものと触れあえば、大人も子どもも分け隔てなく眩しい季節の一部になれる。テーマはずばり「川ガキに戻ろう!」。ちょっと乱暴なその呼び方には、忘れたくない溌剌さ、元気、夢中で遊び回る大切さが込められている。ターゲットはヤマメ、アマゴ、イワナ、アユ、カジカ、オイカワなど。そのほか、天然ソ上が好調な日本側のアユ釣り最新情報、読めばクールダウン間違いなしの水辺の怪談、釣りエサのひみつなどをお届け。 
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中