川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ほとんど日課?

ほとんど日課?

つり人編集部=写真と文

「またシーバス!?」
カミさんの頭にツノが生えていますが、
そそくさと家を出ていつもの運河へ。
まだまだ校正が忙しく
フィールドへ取材に出られないこの時期
運河のシーバスは格好の遊び相手なんです。
しかも大潮。風もない夜で潮位もまだ高めとくれば
居ても立ってもいられません!

それにしても……
なぜ、バチ抜けシーバスにこんなに夢中になるのか?
自分でもちょっと不思議です。

まあ、近くて手軽というのが一番。
周囲にウジャウジャいるのが分かっているのも熱くなる理由。
ほとんどスレた魚相手の管理釣り場といった雰囲気なんです。

その日によってアタリがバンバンあったり
ライズはあっても全く相手にされなかったり
いまだよく分からないところも飽きない点。

とにもかくにも釣り場に着いたら
さっそく海面のバチをチェック。
水門より下流の河口側では潮こそ動いているものの
バチは見えず。ライズもなし。
で、水門を挟んだ上流側に行くと
状況が一変。まさにバチ天国。ライズもボコボコ!

これだよこれ! この状況を待ちわびていたんです!
ところが……
ワームの表層ピロピロには、反応はあまりない。
かといって周囲でミノーをキャストしている
ルアーマンのロッドも曲がっているようすはない。
いかにも美味しそうな状況なのに……。

何事もなく1時間が経過。
しだいに終息していくライズ。
ダメかと思ったら、突如、水面が割れ、
ロッドにグイっと重みが乗る。

PE0・4号にリーダーはフロロカーボン3号。
足場は垂直護岸なんで
ドラッグを利かせれば、ワタシが釣っているサイズなら問題なし。
底へグイグイ潜ったのち、ジャンプ一発。
あ~楽しい!


この掛かりなら、まずバレません

タモ入れすると、オフセットフックとトリプルフックが
ともにフッキング。これならエラ洗いされてもバレないです。
サイズは50チョボチョボながら、
腹は丸々。コンディションよし。
その後、2回アタリがあったもののフッキングせず
さすがにカミさんが恐くなり、帰宅。
臭い玉網を風呂場で洗い、そそくさと就寝。
明日も風がなければ行こうっと。



2006/5/16

2006/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中