川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユか手長エビか……

アユか手長エビか……

つり人編集部=写真と文

現在、5月25日発売の月刊つり人7月号の
最終編集作業。

朝からひたすらゲラを凝視しているので
目がしょぼしょぼしてきた。

次号の特集は日本の夏の風物詩でもあるアユ釣り。

紀州の日高川、有田川
高知の物部川など、
すでに解禁している河川もあり
ぼくも早ければ今週か来週には行けそうな感じだ。

そうなると
天気予報から目が離せなくなるが
本格的にアユ釣りモードになる前に
サクッと行っておきたいのがテナガエビ。

もちろん、つり人7月号でも
テナガエビ企画はバッチリ組んでいるが
そのゲラを読んでいて個人的に気になったのが
相模川と霞ヶ浦、利根川のテナガ釣り場。

普段は多摩川や江戸川といった
近場でテナガエビをやることが多い。
たまには、テナガエビでの遠征も悪くない。

でもって、
どうせ利根川や霞ヶ浦に行くのなら
カープロッドも持参。

カープフィッシングとテナガエビ釣りを同時に楽しもうというワケ。

ひょっとしたらメーター級のコイが
ズド~ンッ! ときちゃうかも……。

1点のポイント図を見ているだけで
このような妄想がメラメラ湧いてくるのだから
釣り人って、ある意味幸せだよな……。

(山根)

2011/5/18

<< 2011/5 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中