川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユは蓋が開いても分からない

アユは蓋が開いても分からない

つり人編集部=写真と文

ワールドカップは蓋を開けるまで分からないが、
今大会は今のところ順当にきている。
予選をギリギリ通過したフランスが
決勝リーグで優勝候補のスペインに
圧勝したのには驚いたが…。

蓋を開けるまで分からないものはたくさんあるが、
アユ釣りほど予想と結果が異なる釣りもないだろう。
解禁直前はアユが踏みつけるほど見えていたのに、
解禁後、神隠しにあったかのように川から消えてしまった…
なんて話は枚挙に暇がない。

人一倍猜疑心の強い僕は、
解禁前の情報に関しては、それほどこだわらない。
大事なのは、解禁後の結果だ。

2006年のアユシーズン。
都心近郊の河川は完全にスタートに出遅れた。
そんななか、道志川と河津川だけはまずまずの釣果だった。
河津川は我が巨人軍のように息切れすることもなく、
その後も釣れ続いた。

そして今日、高水のため2、3日、サオ止め状態だった河津川へ、
満を持して釣行。
アカが飛んでしまっていることが懸念されたが、
橋から見下ろすと石は真っ黒。
おりまっせ~、天然アユがぎょうさん、おりまっせ~!

今季初のアユ釣りに、鼻血が出そうなくらい興奮する。

しかし…

アユ釣りは蓋が開いても分からないのだった。
詳細は月刊つり人9月号(7月25日発売)の
「編集部が太鼓判」の真野のコーナーにて( ̄。 ̄;)


2006/6/28

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中