毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユ釣り名手が作ったナス

アユ釣り名手が作ったナス

つり人編集部=写真と文
携帯電話サイトの釣りキングで毎夏
コラム「アユ釣りお遍路さん」を連載していただいている
有岡只祐さんは高知県安田川に産湯をつかった生粋のアユ釣りファン。

ダイワ鮎マスターズの全国決勝大会にも出場するくらいの腕利きで
今月発売の月刊つり人7月号にもご寄稿くださる予定。
お願いしますよ~。

初めて四万十川でお会いしたときは
まだあどけなさの残るアンチャン風だったが
「仕事はナス農家ですわ」
と誇らしげに教えてくれたのが印象に残っている。

先日、セブン&アイホールディングス系のスーパーに行ったところ
有岡産ナスを発見!



購入予定はなかったけれど
反射的にゲット~!!!!

そういえば
「イトーヨーカドーとかに卸しているから、探してみて」
と以前言っていたっけ。

豚肉と炒めて食べたけど、シャキシャキしていて
ほのかな甘みがあって、
「アユ名人が作るナスは旨い!」
と舌鼓。
5本ほど入っていたけど
一晩で平らげました。

もっとも、利きアユグランプリで優勝したこともある
安田川の水で育てたナスなので
旨いのは当たり前か。

アユ釣りファンのみなさん
セブン&アイホールディングス系のスーパーに行った際には
ぜひナスコーナーに注意してみてください(笑)。

(山根)

2011/5/2

<< 2011/5 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中