毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユ釣り猛勉強中…

アユ釣り猛勉強中…

つり人編集部=写真と文

少し前の話になりますが、
8月の19、20日に山形県の舟形町で
東北流友会主催の
『鮎トーナメントスクール2006』
に参加してきました。
トーナメントスクール参加者.jpg
舟形町・小国川に多くの参加者が集まった

西角喜昭さんや伊藤稔さんなど、
アユ釣りの歴史をその手で築いてきた名手たちが
手取り足取り教えてくれるというのだから、
僕のような初心者ことってこんなにうれしいことはない。

初日は
そもそもアユがどんな魚なのかという勉強からスタートし、
仕掛けの作り方までみっちり教えていただいた。
伊藤稔さんが見本として3本イカリを巻き、
「これはまだ弱いけどね」
と言って渡してくれたのを触ってみたが、
接着剤など付けていないのにハリはびくともしない。
ここまで到達するにはまだまだ時間が掛かりそう……。

伊藤稔さん.jpg
伊藤稔さん、本当にお世話になりました!

2日目。
小国川で実際にアユ釣り。
浅い瀬を中心にねらうが、
全日本アユトーナメントで優勝経験のある
村松学さんにマンツーマンで教えていただく。
言われるがままにオトリを泳がせると
あら不思議。
次から次へとアユが掛かる。
だが悲しいかな、取り込みは自分の力でやるしかない。
当然抜き上げがうまくできない僕は、
水面にバウンドさせたりしてバラシ連発。
結局半分くらいしか取り込めなかったのではないだろうか…。

スクール01.jpg
女性の参加者だってこのとおり。僕より上手い…

スクール02.jpg
アユを釣ってニッコリ。先生たちのほうがうれしそうに見えなくもない…かな?

それでも、アユ釣りの基本はしっかり学べたし、
あとは経験を積むのみ。
幸い教えてくれる先生も身近にいるし、
伊藤稔さんの書いた『アユ釣りをやってみよう』(小社刊・税込価格2310円)という
教科書もある。(ちょっと宣伝入ってますが、この本はホントに役に立ちます!)
シーズンは終盤に入りますが、
まだまだアユ釣り修行は始まったばかりです!




2006/8/30

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中